スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2020.02.16

バリ島のワインの価格と持ち込み料について

バリ島(インドネシア)は輸入酒の税率が高いので、現地で洋酒を購入したり、レストランで海外産のワインを飲むとけっこう高価になります。

しかし2015年頃から、バリ島産の安価なワインが出回るようになりました。オーストラリアからぶどうを輸入したり、バリ島北部で生産したぶどうを使い、輸入酒税のかからないバリ島産ワインが製造されるようになったのです。

最近では種類も増え、カフェやレストランでもリーズナブルなローカルワインが飲めるようになりました。

有名なのが、ハッテン ワイン(Hatten Wine)やプラガ ワイン(Plaga Wine)、トゥー・アイランド(Two Island)で、スパーリングワインを始め、白ぶどうから作るシャルドネ、ソービニヨンブランに、赤ワインはカベルネやメルロー等の品種のワインがあり、スーパーマーケットやリカーショップで、だいたい200,000ルピア前後で販売されています。

どうしても日本からお気に入りのワインを持ち込みたい場合は、一人1リットルまでなら可能です。オーバーすると税関で没収される事もあり、これは出発時の空港の免税店で購入したお酒も同じなので、注意しましょう。

ちなみにワインを置いていないワルンやレストランに、自身のワインを持ち込む場合は、「コルケージ(Corkage)」と言われる抜栓料を支払えばOKです。これはBYO(Bring Your Own)と呼ばれるオーストラリアやヨーロッパで普及している制度で、コルケージには、ワイングラスやワインクーラーの貸し料が含まれ、1本当たり、50,000ルピアから100,000ルピアが相場です。

持ち込みをする場合は、ビールやソフトドリンクはお店で注文し、食べ物もオーダーするように心がけましょう。

by franny

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店 パルテンツァ・ツアー&トラベル(PT. Partenza Indonesia) バリ島現地 日本語ダイヤル62-811-399-869

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アメティスヴィラ

アマデアリゾート

テーマ

出発前
現地で
帰国後

PAGE TOP