スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

脂っこくないムラスティ市場内のムラスティ バビグリン

※ ムラスティ バビグリンは市場ごと、レギャン通り側に50メートル移転しました。

ムラスティ通り(Jl. Melasti)沿いに、衣料品を売る小さなお店が集まったパサール スニ(Pasar Seni)という市場があるのをご存じでしょうか?私は真向かいにあるザ マガニ ホテル&スパに泊まるまでこの市場の存在を知りませんでした。しかもローカル ワルン通のフラニーさんによると、この市場の奥にバビ グリン屋があるということで、ランチを食べに行くことになったのですが、実は私、以前食べてからというもの、脂っこい印象のバビグリン(豚の丸焼き)はあまり好きではないのです・・・。でも、フラニーさんの鶴の一声には逆らえず(笑)、しぶしぶ後をついて行きました。



市場内に足を踏み入れると、こちらから尋ねるまでもなく、ヒマそうに座っている店員のおばさんたちが口々に「バビグリン、バビグリン」と言いながら奥を指差します。言われた通りに奥へ進むと簡単にバビグリン屋を見つけることができました。時代遅れな市場の雰囲気もちょっと引く感じで、私一人だったら間違いなく引き返していたことでしょう(笑)。

  

通称、ムラスティ バビグリン(Melasty Babi Guling)ですが、ワルン バビ グリン パサール スニ ジャラン ムラスティ(Warung Babi Guling Pasar Sni Jalan Melasti)とか、ワルン バビ グリン アート マーケット(Warung Babi Guling Art Market)とも言われるようです。

  

テーブルが5つばかりの小さなお店ですが、ランチ時を過ぎた13時半頃だったので、すんなりテーブルに着くことができました。メニューはもちろんバビグリンのみ。ショーケースに並ぶ豚肉やラワール等のおかずをご飯の上に載せるだけなので、たいして待たずにバビグリンが運ばれてきました。とても暑い日だったので、お店の片隅にある冷蔵庫からセルフサービスで持ってきた、小瓶のビンタンビールと共に頂きます。ちなみに、値段はバビグリンとビンタンビール小瓶でRp.65,000でした。



数年ぶりにバビグリンを食べてみました。あら、美味しい!バビグリンってこんなに美味しかったっけ!?辛さもほど良く、ビールが進みます。特に苦手だった皮も恐る恐る食べてみたら、脂っこくなくパリパリに焼けていて、これなら全部食べられる〜。結果、スプーンとフォークが止まらず、一口も残さずキレイに平らげていました(笑)。バビグリンに付いてくる香辛料が効いたスープもスパイシーで美味しかったですよ。



市場内にある小さなバビグリン屋ですが、地元の人に人気があるようで、私たちが食事している間も次々と地元の人たちがやってきてバビグリンをブンクス(持ち帰り)していました。おかずが品切れになったら閉店となるので、早めに行くことをお勧めします。

お店まで車で行くことはできませんが、ザ マガニ ホテル&スパの前で車を降りるとホテルの正面に市場の入り口があるので、奥へずんずん進んでください。市場の雰囲気に気後れしそうだけど、そこをひるまず進めば、美味しいバビグリンにありつけますよ。 



by kanna(2015/10)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP