スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

バリ島の新定番土産、ポッド・チョコレート

海外旅行へ行くと家族や友人、職場の同僚などにお土産を買って帰りますよね。海外旅行の定番お土産と言えば、やはりチョコレートです。しかし、お土産用で売ってるチョコレートというのは、どの国でもそうですが、ただ甘いだけであまり美味しいとは言えないし、「いかにもー」なパッケージもお洒落とは言えません。バリ島のチョコレートもまた然り。「どうせ買うなら味もパッケージもクオリティの高いチョコレートを買いたい・・・」と思っていたところ、今回理想のチョコレートに出合えたのです。

  

宿泊していたスミニャックのホテルから空港へ向かう途中、友人の薦めで立ち寄ったお店が、ポッド・チョコレート・ショップ&カフェ・サンセット・ロード店です。サンセット・ロード(Jl. Sunset Road)はクタのシンパン・シウール(DFS近くのロータリー)からスミニャック北部を結ぶ幹線道路で、空港からレギャン、スミニャック、クロボカンを往復する時にたいがい通りますが、サンセット・ロード店は、駐車場があるのでタクシーや送迎車で立ち寄りやすいのがポイントです。

  

ポッドは、ウブドから約30分のエレファント・キャンプ内にあるポッド・チョコレート・ファクトリー&カフェで製造・販売しているのですが、このサンセットロード店では、その全商品を販売しているので、わざわざ工場まで行かずとも済みます。

バリ産のカカオ豆を使用して作られたオーソドックスなミルク・チョコレート、カカオ含有量の多いダーク・チョコレートをはじめ、ジンジャー&レモングラス、クコの実&ココナッツ、唐辛子、海塩等、変わり種があります。10種類以上ある板チョコはほとんど試食できるので、あれこれ食べ比べてお気に入りの味を見つけてくださいね。

  

私は一応試食したものの、どれを買うか決めかねたし、少しでも安上がりにしようというセコい考えが働いて、ミルク、ダーク、エクストラ・ダーク、ホワイト、オレンジ、ペパーミントの板チョコがリボン付きのボックスに入った6枚セット(Rp.189,000)を買いました。ちなみに100gの板チョコは1枚Rp.45,000。1枚で買うよりセットのほうが30%もお得ですよ(笑)。なお、この6種類は板チョコの他に、ばらまき土産にしやすい手頃なミニ・チョコレート・バーもあります。また、プラリネ、チョコレート・クッキー等、チョコ以外のお菓子もあります。

  

店内奥にあるカフェ・ラウンジでは、ショーケースにずらりと並ぶスイーツはもちろん、チョコレートやカカオを使用したユニークな料理も味わえます。お土産のチョコレートを買いがてら、スイーツや食事も楽しんではいかがでしょう。

※2017年1月現在、Podは、カルフール(サンセットロード店)、ペピート(チャングー店、トゥバン店)、デューティーフリーバリ空港店等があります。

by Kanna(2015/10)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP