スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

オシャレで快適なバリ・ブッダ・サヌール店

バリ・ブッダと言えばウブドに1994年にオープンした、エコロジー、ベジタリアン等にこだわったオーガニック系カフェの老舗です。そのバリ・ブッダは今ではバリ島内にクロボカン、サヌール、ブキット(ウルワツに抜ける途中)、と全4店舗、展開しています。

昔行ったウブド店が、ヨガっぽい人達が集まっていて、ごちゃごちゃしていてあまり寛げる店ではなかったので、それ以来遠ざかっていましたが、友人の誘いで新しくオープンした、サヌール店にディナー後、お茶しにおじゃましてみました。

  

「あらステキ!」。店内に一歩入るなり、ウブド店の暗い印象が払拭されました(笑)。高いアランアランのバリスタイルの天井に、レンガ造りの壁が温かくモダンな雰囲気で、エアコン完備です。エコとかヨガ系の店ってどうもアマチュアな手作り感満載のインテリアが多くて、一般人を遠ざけるイメージが強かったのですが、それは今や昔なんですね。

  

メニューがまたユニークでニュースペーパー風なデザインで、そこに店の成り立ちやスローフードの健康効果等も書かれています。コーヒーはバリ・ブッダ・オリジナル・ブレンドとなっていたので、アメリカーノ(Rp.25,000)を飲んでみました。ちょっと酸味が効いたテイストですが、コクもありバランスの良い味でした。なんでも自社焙煎で有名なアノマリ・コーヒーから、毎日その日に焙煎された新鮮な豆を使用していると言う事です。ちなみにコーヒーに入れるミルク、及びココナッツミルクは別オーダーで、Rp.5,000となっています。

  

ウブド・ロー・チョコレート・ファクトリー(Ubud Raw Chocolate Factory)のチョコもショーケースにあったので、ピュア・ロー・チョコレート(Rp.25,000)もオーダーしました。ロー・チョコレートは、いわゆる日本の生チョコレートとして売られている物とは別ものです。本物の生のカカオを非加熱(45度以下)で作っているチョコレートで、砂糖や生クリームは使用されていません。生のカカオにはビタミンや酵素、ミネラルがたっぷりと含まれているので、それらの栄養素が破壊されない発酵食品となっています。口に含むと濃厚なカカオの酸味と自然な甘みが口に広がり、とても美味しかったです。

  

この他にメニューは、ビーガンやベジタリアン、マクロビ向けの食事はもちろんですが、小麦やグルテン不使用にも対応します。こう書くとベジタリアン系の人しか、食べる物がなさそうですが、バリ・ブッダには、魚やチキンを使った、インドネシアン料理をはじめ、サラダ、サンドイッチ、スープ、パスタ、ピザ、ハンバーガーなどのメニューもあるんです。使用する野菜や肉はオーガニック食材なので、食の安全を気にする方にもおすすめです。飲み物は豆乳、レッドライス、ブラウンライス、アーモンド、カシューと植物性のミルクが揃っています。そしてこれらを使用したヘルシーなスムージー類も種類豊富にあるので、お気に入りのドリンクがきっとみつかるでしょう。

  

  

またバリ・ブッダ自家製のパン、マフィン、ケーキなども美味しいそうで、ジモティの友人は早朝に行って前日のパンをセール価格でゲットするそうです。

この他、ウタマ・スパイス、バリ・アスリ、ビッグ・ファーム・ツリー、モンゴ、コンフィチュール・ミッシェル等、メイド・イン・バリの有名店の石けん、ジャム、チョコレート、塩、ココナッツシュガーや、お茶やコーヒー、調味料等いろいろなナチュラル食品、製品が揃っています。これらは見ているだけでも楽しいし、バリのお土産をここでまとめて買うのも良いでしょう。

  

場所は、元バリ・ハイアットの南側で、近くにはトラットリアやマッシモなどがあります。ベジタリアンやオーガニックに興味ある人も無い人も、バリ・ブッダ・カフェは、一度行ってみると誰もが楽しめる店だと思います。

by franny(2015/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP