スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

外部ゲストも、ビーチ側からふらっと立ち寄れるタンジュン・サリ・レストラン

バリ島旅行最終日、ウブドから空港へ向かう途中、友人が宿泊していた1962年創業の老舗ホテル「タンジュン・サリ(Tandjung Sari)」に寄り、サヌール・ビーチを望むレストランでランチを頂いてきました。

  

さすがは世界中の著名人に愛され、且つリピーターが後を絶たない人気ホテル「タンジュン・サリ」。宿泊者でもない私のスーツケースを預かってくれる、友人が待つレストランへ案内してくれる、その間ずっと笑顔を絶やさないレセプション・スタッフの対応に、私もすっかりタンジュン・サリの「にわかファン」。歴史を感じるレセプションの佇まい、レストランへ行くまでの庭の雰囲気も良く、初めて訪れた同行者も「次はここに泊まろう」と言うほどタンジュン・サリに魅了されていました。

  

  

手入れの行き届いた庭を進み、レストランに着きました。テーブルは屋根のあるオープン・エアーのダイニング・スペースと完全屋外のビーチ・サイドに設けられています。ビーチ・サイド席は眺めは良いけれど、日中は暑いです。いい具合に木陰になって日が当たらないテーブルに着きましょう。

メニューは伝統的なインドネシア料理を中心に、パスタやピザ、サラダ、サンドイッチ等の西洋料理も揃っています。タンジュン・サリのレストランはクロワッサンが美味しいと評判ですが、ランチ・タイムに訪れて、さすがにクロワッサンだけ食べるわけにもいかないし、私たちはバリ島旅行の最後の食事だったので、注文したのはもちろんインドネシア料理。

  

数あるインドネシア料理メニューの中からアヤム・パンガン(Rp.85,000)とイカン・ペペス(Rp.90,000)を頂きました。アヤム・パンガンは鶏肉がほどよく焼けていて、タレも甘すぎず辛すぎず上品な味付けで、添えられていた豆腐ともやしの炒め物も美味しかったです。イカン・ペペスは魚のバナナの葉包み焼きの他に野菜たっぷりのスープと野菜の和え物も付いてボリューム満点。

  

それでこの値段ならホテルのレストランにしては良心的だと思います(別途税金・サービス料21%チャージ)。久しぶりに再会した友人と大瓶のビンタン・ビール(Rp.40,000)を飲みながら、美味しい食事とお喋りを楽しんだランチ・タイムとなりました。

  

タンジュン・サリのレストランはビーチ沿いの遊歩道からアクセスしやすく、宿泊者以外も利用しやすい雰囲気なので、ぜひ訪れてみてください。隣接するバーの雰囲気も良く、ビーチを眺めながらカクテルを飲めば、リゾート気分がいっそう盛り上がることでしょう。

by kanna(2015/05)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店 パルテンツァ・ツアー&トラベル(PT. Partenza Indonesia) バリ島現地 日本語ダイヤル62-811-399-869

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アメティスヴィラ

アマデアリゾート

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP