スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

日本人スタッフを含む優秀なスタッフがゲストを強力にサポートするLホテル・スミニャック

最近、バリ島旅行に行く日本人の間で、1回の滞在で2つのホテルに泊まることがスタンダードになってきました。一つ目のホテルが自然あふれるホテルであれば、二つ目のホテルは街中のホテル。また一つ目のホテルをカジュアルなホテルにして、2つ目のホテルを高級ホテルにする等。ホテルを2つ組み合わせることで、旅に変化が生まれます。

Lホテル・スミニャック(L Hotel Seminyak)は、2012年5月、スミニャックのプティティンゲット通り(Jl. Petitenget)にオープンしたスモールブティックホテルです。今回、マーニがLホテル・スミニャックに宿泊を決めた理由は、Lホテルの前に別なホテルでのんびり過ごし、Lホテルに移ったら、買い物や食べ歩きをする等、アクティブに動きたいと思ったのが理由でした。

Lホテル・スミニャックは、スミニャック・エリアのちょうど真ん中辺りにあり、どこへ行くにも動きやすい上に、いったんホテルに帰ってくると、見晴らしの良いルーフ・トップ・バーと、設備が整った客室があり、快適に過ごすことができました。

なにより感動したのが、Lホテル・スミニャックの「スーパー・バトラー」達です。気が利くバトラー達のおかげで、スミニャック、クロボカン・エリアを十二分に満喫することができました。

  

  

♥マーニのひとこと♥
Lホテル・スミニャックは「部屋はコンパクトだけどグレードを落とさず、施設やサービスはパーソナライズかつ最先端ものを提供する」という、それまでバリ島になかったタイプのホテルです。最近、似たようなコンセプトのホテルが、ちらほら出てきましたが、日本人スタッフによるゲスト・サポートがある点で、Lは、日本人向きのホテルと言えます。

■ 良い点 & 惜しい点 ■
☆スーパー・バトラーに助けられる
ある日、マーニが「これから○○スパに行くので、●時に迎えの車が来ることになっている」となにげなくスタッフに話すと、すぐさまスタッフがそのスパに確認の電話を入れて「今、送迎車が向かっている。来たら呼ぶから、マーニさんはラウンジでくつろいでください」と、促してくれました。レストランに行けば、マーニが2日続けてスクランブル・エッグを頼んだら、3日目の朝にはスタッフのほうから「今日も、スクランブル・エッグにしますか?」と、もうマーニの希望を覚えていたり、プールに行きたいと言えば、場所がわかりづらいから道案内しましょう、とバトラー自ら案内してくれました。

ホテル内でスタッフと出会うと、常に「何かお困りでないですか?」と声をかけてくれ、そんじょそこらの高級ホテルより、スタッフが優秀です。2015年から、日本人スタッフが在籍し、客室毎に携帯電話が用意され、日本語でスタッフとやりとりできるようになりました。

  


☆美味しい朝食
以前宿泊したフラニーも言っていましたが、朝食が美味しいです。メニューから食べたい物を選ぶアラカルト・スタイルで、コーヒーはジャカルタのアノマリ・コーヒー(Anomali Coffee)、紅茶はシンガポールのTWG、ジャムはバリ産のアワニ(Awani)と、こだわりを感じます。焼きたてのパンをかわいい紙袋に入れてサーブしたり、和風スクランブル・エッグがあったり、毎朝、朝食を食べるのが楽しみでした。

見ると、一人で宿泊しているゲストも多く、朝食は2階のレストラン、または屋上ルーフトップ・バーのどちらでも食べてよいのですか、食事の後、皆、屋上からの風景を眺めながら、コーヒー片手にくつろいでいる姿が印象的でした。

夕方からは、がらりとスタイリッシュな雰囲気に変わり、カクテルやディナーを楽しむゲストで賑わいます。食事のクオリティが高いところに、ホテルのこだわりを感じます。

  

☆クオリティの高い客室
今回宿泊した「ライフスタイル・スイート」は、窓辺に小さなソファがあり、部屋にいるときは、もっぱらここに座ってパソコンをしたり、くつろいでいました。マーニは一人で滞在したのですが、洗面台が客室内にあるので、手を洗ったり、さっと水道が使えるのが便利でした。風呂好きのマーニとしては、次回はバス・タブのあるザ・リュクス・スイートに泊まりたいですね。

  

  

☆トレンドの中心地
ホテルの建つプティティンゲット通り(Jl. Petitenget)、最近注目のバトゥ・ブリグ通り(Jl. Batu Belig)、並行して走るウマラス1通り(Jl. Umalas 1)等、ホテルは、ここ数年新しいレストランやカフェが続々オープンする通りに囲まれています。徒歩圏内に幾つもレストランがあり、ランチ、ディナー等、外食には困りません。クタ方面からホテルに車で戻ってくる時は、オベロイ通りが混んでいれば、サンセット・ロードを通ってラヤ・クロボカン通り(Jl. Raya Kerobokan)を抜けるなど、抜け道があるので遠出したときにも便利です。

  

★部屋数の少ないホテルのため仕方ないとはいえ、エレベータが1台だけなので、ゲストの利用が多い朝晩は、けっこう待たされます。

★TIPS★ ホテル隣の「タイコーナー(Thai Corner)」と言う小さなタイ料理店がリーズナブルで美味しいです。また、徒歩圏内に和食レストランもあります。

  

by mani(2015/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP