スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

日本人でも安心して泊まれるスミニャックの「アマデアリゾート」

バリ島の某高級ホテルのマネージャーさんに聞いた話ですが、客室の設備、清潔度、施設のメンテナンス、スタッフのサービス等、世界で一番チェックが厳しいお客さんは日本人なんだそうです。
 
そうしたバリ島で、日本人宿泊比率がじわじわと上がってきているホテルが「アマデアリゾート」です。オープン当初は、名前が知られておらず泊まる日本人もほとんどいませんでしたが、きちんとメンテナンスした清潔な客室、笑顔を絶やさずゲストを的確にサポートするスタッフ、静かで居心地のよいプールが受け、ここ一、二年、日本人ゲストの数が増えているそうです。
 
マーニももう何度も泊まっていますが「これなら日本人のお眼鏡にかなうだろうな」というグレードの高いサービスに、いつも感心します。いつどんなゲストが泊まっても安定した居心地を約束するホテル。それがアマデアリゾートです。

  

  

アマデア リゾート&ヴィラズの基本ホテル情報、ご予約はこちら

♥ マーニのひとこと ♥
安定したホテルと書くと、古めかしいホテルを思われるかもしれませんが、スタッフは若い子(笑)ばかりです。アマデアでは、宿泊ゲストのアンケートを元に定期的にスタッフを表彰する等、人事制度がしっかりしており、それがスタッフの一生懸命さに繋がっているように思います。今回マーニは、レンタル自転車屋さんを探してもらい、結果としては見つからなかったのですが、最後まで諦めずに探してくれたレセプションの女性スタッフのおかげで、気持ち良く滞在できました。

  

■良い点 & 惜しい点■
☆繁華街の中の静かなリゾート
アマデアリゾートは、たくさんの人気レストランやトレンディショップが建ち並ぶカユアヤ通り(別名オベロイ通り)にあります。賑やかな通りからガードマンの厳重チェックを受け敷地内に入ると、まずコンシェルジュデスクがあり、ここですでに外の喧噪が小さいのですが、さらにそこから100mほど奥に入ったところに宿泊棟があるのです。

宿泊棟まで来ると、表の喧噪が嘘のように静かです。プールを中心に、客室、バー、ヨガスタジオ、スパが広がるホテル内はリゾート気分満点。ちなみにレセプションも宿泊棟側にあるので、チェックイン・アウトをはじめ、すぐにスタッフとコンタクト取れます。

  

☆新サービスを次々と導入する進化系ホテル
オープン以来、低い空室率を誇るアマデアリゾートですが、それに甘んじることなく様々なサービスを導入してきました。
 
▪チェックアウト後、フライト時間まで過ごすゲスト用に、プールサイドにシャワー付きの着替え室を設置
▪毎日無料のヨガクラスを導入
▪全室にコンセントアダプターを導入
▪ミネラルウォーターのリフィル用無料タンク設置(空になったボトルにゲストはいつでも飲料水を足すことができます)
▪ビール缶やボトルジュースをコンビニ価格で客室にデリバリーする配達サービス
 
今後どんな新しいサービスが展開されるか期待したいと思います。

  

  

☆抜群のロケーション
今回初日に泊まるホテルをどこにしようか、と考えた時、真っ先に浮かんだのがアマデアです。アマデアの空港送迎は安く、出迎えてくれた送迎車に乗り込み、20分ほどでホテルに到着しました。21時過ぎに到着しても、ホテルのあるカユアヤ通りに出れば、まだたくさんの店が開いています。軽く一杯ひっかけてもいいし、ウィンドウショッピングやコンビニに行くこともできます。マーニは、暑かったのでホテルから2分ほどのアイスクリーム屋に行きましたが(笑)。
 
車を使わずとも、徒歩で食事や買い物、またスミニャックビーチに行くことができるロケーションは最高です。旅の後半に宿泊すれば、チェックアウト後、空港へも近いので便利ですよ。

ちなみに今回デラックスルーム(宿泊棟の2階の部屋)に泊まったのですが、部屋から見えるプールが美しくライトアップされ「バリに到着したんだ〜」と気分もアガりました。

アマデア リゾート&ヴィラズの基本ホテル情報、ご予約はこちら

  

  

★朝食会場であるレストランが通り沿いにあるので、宿泊棟からだとかなり歩くことになります。見ていると、健康のために歩くゲストがほとんどですが、マーニは歩くのが嫌なので(笑)、スタッフに頼んで無料のバギーを出してもらっていました。

  

★TIPS★ウェルカムドリンクはバウチャー方式で、レストランかバーで、いつでも好きな時に、しかもビールやカクテルも飲むことができます。但し無料は1杯までね(笑)。

★TIPS★ ホテルフロント前の、ガン・カヤンガン(Gg. Kahyangan)と言う通りは公道で、車とバイクも通れます。オベロイ通りは渋滞するので、ビーチやクーデター(Ku De Ta)に行きたい時は、このガン・カヤンガンを真っすぐ海側に行くと近道です。反対側に行くとデゥルパディ通り(Jl. Drupadi)にも繋がっているので、スミニャック南側に行く時は便利です。

★TIPS★ プールのサンデッキチェアが混んでる時は、もう一つのプールに行ってみると意外に空いています。

  

  

アマデア リゾート&ヴィラズの基本ホテル情報、ご予約はこちら
by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP