スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ワルンワルンは、美味しいナシチャンプルが食べられる、ジンバランにあるオシャレカフェ風ワルンです

【移転しました】2017年4月現在、ジェンガラケラミックの近くから、同じ通りをバイパスングラライ通りに進んだスーパーニルマラの向かい側に移転しました。

ワルンワルン(Warung Warung)は、かつてクタのDFSギャラリア・バリのモル・バリ内にあった人気ワルンでした。それが2014年のモルバリ全面改装時に、ジンバランのジェンガラ・ケラミック近くに移転したと聞いて、帰国日の夜に行ってみました。

ワルンと聞くとローカルな店舗を想像して、ちょっと衛生的に不安を覚える人も居るかと思いますが、ワルンワルンはとても清潔でオシャレなカフェのようなワルンです。また地元市場の新鮮な食材を使用する地産地消にこだわり、化学調味料不使用(No MSG)、温暖化対策の為にLEDライトを使用すると言う、ロハスなワルンでもあります。

  

  

オーダーはまず、カウンターで店員さんにお願いします。メニューは定番のインドネシアのショーケースにあるお惣菜から選べるナシチャンプルの他、ソトアヤム、ガドガド、ミーゴレンなどの一品料理もあり、日本語メニューもあるので判りやすいのもグッドポイント。


  

ナシチャンプルの場合は、セットメニューになっていて値段がきちんと表示されています。例えば、ライスと野菜料理2品ならばRp.23,000、ライスと肉、もしくはシーフード2品と野菜料理2品ならばRp.39,000となっていて、食べたい分量が選べるのが良いですね。1番おかずの種類が多いナシチャンプルでもRp.55,000なので良心的な価格と言えるでしょう。またテーブルにある、えびせん等のクルップ(スナック)は無料で自由に取れて食べ放題です。

  

私はライスと肉2種類、野菜3種類から選べるパケット・チャンプルー(Rp.42,000)にしました。ショーケースの中から、食べたいおかずを指差して、肉料理は鶏肉のミンチと香草をつくねのように焼いたサテリリッと、アヤム・ゴレンと言うインドネシアの定番の鶏の唐揚げを選びました。

日本では鶏の唐揚げと言うと生の鶏肉に下味を付けた物を揚げますが、インドネシアの調理法はちょっと異なります。まず、生の鶏肉に水、ターメリック、ニンニク、ショウガなどのスパイス類でマリネした物を、鍋で煮込むのです。そうしてまず火を通した物を油で揚げたのが、アヤム・ゴレンです。ワルン・ワルンの場合は、この煮込んだ段階の鶏肉がショーケースに並べてあり、オーダーが通ってから揚げてくれるので、熱々ホクホクの揚げたてのアヤム・ゴレンが頂けました。このアヤム・ゴレンはビンタン・ビールのつまみにもピッタリで、とても美味しかったです。

  

ご飯は、白飯(ナシプティ)、イエローライス(ナシクニン)、赤米(ナシメラ)から選べます。人気があるため夜はおかずが売り切れ、種類が少なくなっていましたが、それでも充分に美味しいナシチャンプルがバリ島滞在最終日に頂けて大満足でした。辛いのが好みならば、サンバルもたっぷりと入れてもらいましょう。

  

この近辺は、フォーシーズン、カユマニス・ジンバラン、アヤナ、ウォーターマーク・ホテル等、日本人が多く利用するホテルが多いので、ちょっとローカルな食事がしたい時にも便利です。

店内はWi-Fi無料で、中庭とエアコンが効く室内の席もあり、室内は禁煙と分煙されているのも嬉しいです。エスチャンプルやエスブア等のデザート類や、コーヒー類も豊富なので食後もゆっくりと過ごせます。

by franny(2015/10)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP