スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ローカル気分満喫サヌールのナイトマーケット「パサール シンドゥ」

バリ島旅行での楽しみと言えば、現地のローカルフードでしょう。観光客向けのレストランで食べる料理も良いけれど、地元バリ人達が、日頃どんな食事をしているか?興味がある人にオススメなのが、サヌールの北側、地元ではパサール シンドゥと呼ばれるナイトマーケットです。


インドネシア語でパサールは市場と言う意味で、シンドゥにある市場と言う意味です。バリ島の市場は通常早朝開かれ、パサールシンドゥも朝、生鮮食料品を販売しますが、他の市場と違い夜に再び開催されるのです。朝は地元の奥様やワルンの経営者が大勢買い出しに来ますが、夜は屋台がメインで周辺の人がご飯を食べに来ます。

かなり以前から開かれているパサールシンドゥですが、数年前に一度改装され、屋台エリアは屋根も付いてかなり綺麗になりました。

(※ パサールシンドゥの動画です。昭和を感じる子供用の乗り物がシュール。注:音が出ます。)

場所がサヌールの町中に位置し、近隣ホテルから歩いていけるエリアにある事で、ジモティに混じって多くの外国人観光客も来ます。それもそのはず、何しろ料金が安いんです。東南アジアの市場はボラれるイメージがありますが、このシンドゥ市場は外国人にも親切で、フラニーも古くから利用していますが、適正価格で安心です。それではどんな屋台があるか、写真と一緒に紹介していきましょう。



まず写真下は、「ワルン ムスリム バニュワンギ(Warung Muslim Banuwangi)」と言うナシチャンプルの屋台です。食べたいお惣菜を指差せば、ご飯と一緒に盛り付けてくれます。ムスリムと書いてある通り、イスラム系ワルンですね。


同じナシチャンプル屋さんでも、下の写真は「ワルン シオノ(Warung Siono)」と言うジャワ系のワルンです。バニュワンギもシオノも、宗教的に豚肉やアルコールは置いていないのが特徴です。

  

下の青い看板の店は「ワルン ジャワ ムスリム(Warung Jawa Muslim)」と言う、ブブールアヤム(鶏肉のおかゆ)がメインのお店です。その他には、緑豆をココナッツミルクで甘く煮込んだ、ブブール カチャン ヒジャ(Bubur Kacang Ijo)や、ロントン サユール(Lontong Sayur)と言う、もち米をバナナの葉で巻いて蒸した料理です。ロントンは白ご飯の代わりに、バリでよく食べられるお餅のような食感で美味しいですよ。だいたい1品2〜3万ルピアと手頃な料金です。

  

続いて、下の写真は「バクソ スーパー(Bakso Super)」と言う、バッソ屋さんです。バッソは肉団子入りのスープの事で、鶏肉(Ayam)や牛肉(Sapi)が選べます。バッソは量が少なめなので、おやつ感覚で頂けます。この店はBakso Uratと言う牛すじ入りの肉団子もあるので、今度食べてみたいなー(笑)。地元バリ人は、サンバルやケチャップマニスをガッツリかけて食べるのが主流です。

  
 
同じスープ系でも有名なのはバリの、ソトアヤム(Soto Ayam)と言う鶏肉のスープでしょう。クリアーなチキンスープにカレー風味が加わり、春雨やキャベツ等が入ったヘルシーな一品。辛くなくて、お腹にも優しい薄味のスープです。



下の店は私の大好物、ヤギ料理のお店です。サテカンビンやグレカンビンの他、チキンカレーやラムカレーもあり、大勢の人で賑わっていました。こうしてみるとパサールシンドゥはインドネシア系の店がほとんどで、バリ料理を出している店は少ないようです。



この他に麺類を置いてるミー屋さんや、ナシゴレンを勢いよく炒めて作るお店もあり、食べたい料理があるお店に行ってみましょう。ちなみにどの店先に座ったとしても、フードコートのように別の屋台の料理も注文出来るし、持ち帰り(ブンクス)も可能。ビンタンビール等のアルコールは、別の屋台で買った物でも大丈夫です。

手軽に立ち食いするなら揚げ物屋さん(Gorengan)はいかが?タフイシ(揚げ豆腐)、テンペ(大豆発酵食品)、春巻き(ルンピア)に、バナナやドーナツ等、甘いモノも安いので、5,000ルピアもあれば、5〜6個買えます。
 
  
 
下の屋台は関係ないとは思いますが「六本木(Roponggi)」と書かれた(笑)、ロティ バカール屋さんです。ロティとはパンのことで、バカールは焼く意味で、そのまま焼いたパンです。なんてことはない、食パンにジャムやチョコ、コンデンスミルク、チーズ等、お好みの材料を挟んでマーガリンたっぷり塗って焼いてくれるのですが、甘塩っぱいテイストで後を引く美味しさ。恐ろしくカロリーの高いバリのB級グルメです(笑)。
 
  
 
甘いモノに目がない方はバリのスイーツ、ジャジャンはいかがでしょうか?フルーツやもち米等を使った伝統的なローカル菓子が色々揃っています。どぎつい緑色は、パンダンリーフと言うハーブの色なので、ご安心ください。



健康志向の高い方には、ジャムーと言うインドネシアの漢方薬もあります。女性の胸が大きくなるとか、肌が綺麗になる、痩せる等、そして男性は滋養強壮、筋肉増強等、ユニークなジャムーが目白押し。勇気のある方、試してみては?



ちなみに写真右下には、トラックアンギン(Tolak Angin)と言う、バリではポピュラーな風邪薬もあります。喉が痛いなと思った初期症状によく効くので、オススメですよ。

  
 
食べ物屋台の反対側には、衣料品や雑貨、おもちゃ、CDやDVD(おそらく海賊版)があれこれと雑多に売られています。お食事の後で、冷やかしてみてみるのも楽しいでしょう。トイレもありますが、現地仕様なので心配な方は先に済ませてからお出掛け下さいね。


サヌールの夜は、のんびりナイトマーケットで楽しんでみるのも、バリらしくておすすめです。

by franny(2019/05)

 

詳細ページへ戻る

PAGE TOP