スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

100%インドネシア産カカオを使った「カカコア バリ」のチョコレート

スミニャックを歩いていたら、かわいいカフェ風のお店を見つけました。

店内に入ると、チョコレートの香りに包まれ、チョコ好きにとっては思わず笑みがこぼれます(笑)。カカオや草花のウォールアートに「KRAKAKOA」と記されたチョコレートショップでした。ちなみにカラカコアと読むのかなと思ったら、カカコアと読むそうです。



カカコアで私の目を引いたのが、たくさんの種類があるタブレットチョコレートで、全て試食が出来ます。カカオ含有量が100%、85%、70%のダークチョコレートと、60%と45%のミルクチョコレートがあります。100%のチョコレートは珍しく、ノンシュガーで一番ビターなタイプです。



次にインドネシアのカカオの産地によって分けられたチョコレートが3種類あります。バリ産、スラウェシ産、スマトラ産があり、味見するとそれぞれ酸味強めや、コクがあったりとカカオの産地によって味が大きく変わる事に驚きました。



その他フレーバーとして、チリ、ジンジャー、シナモン、シーソルト&ペッパー、クリーミーコーヒーとユニークな味が並びます。タブレットチョコレートはいずれも1枚、40,000ルピア(約230円)です。

 
また、全粒粉を使ったクッキーチョコレート、ナッツが入った甘塩っぱいタイプ、カカオニブと言う、カカオ豆をフレーク状にしたチョコ菓子が揃います。

併設の厨房で手作りされたチョコスイーツもあります。ブラウニー、チョコレートチーズケーキ、カップケーキやクッキー等、どれも美味しそう。ブラウニーとチョコチップクッキーは試食もありました。

店内ではスミニャックの通りを眺めながら、これらのチョコスイーツが頂けるカウンター席もあるので、その場でイートインが可能です。マハコーヒー(Maha Coffee)と言うインドネシア産ブランドのコーヒーもあり、エスプレッソやカフェラテ、ロングブラック等が20,000ルピアからあるので、一緒に楽しめます。



その中から私は、100%カカオと産地が異なる4種類の板チョコを買ってみました。黒がベースのパッケージデザインはモダンで、バリは鳥のイラスト、スラウェシはトラ、スマトラはゾウと産地と関係ある動物がモチーフになっているので、バリ土産にぴったりです。

カカオ100%は甘いモノが苦手な方にあげたところ、苦味が強くカカオの味が濃厚でこんなチョコを食べたのは初めてだと喜ばれました。



まだ新しいブランドですが、カカコアのチョコレートは、100%インドネシアのオーガニック農園で栽培されたカカオ豆にこだわり、農家の支援やエコ活動も行うメーカーです。購入する事で私たちも地域貢献に一役買うことができます。

場所はスミニャックのメインストリートであるラヤスミニャックとプラワ通りの交差点直ぐで、向かいがワルンオチャになります。スミニャックでお買い物の途中によってみてはいかがでしょうか?



by franny(2019/09)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店 パルテンツァ・ツアー&トラベル(PT. Partenza Indonesia) バリ島現地 日本語ダイヤル62-811-399-869

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

ビリーホーレストラン

マジョリロマンティックディナー

アマデアリゾート

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP