スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

アリラウブドの「プランテーションレストラン」で本格バリ料理を堪能

バリ島のウブドに、ラフティングで有名なアユン渓谷と呼ばれる場所があります。斜面に生えたヤシの木がジャングルのようで眺めが良いために、渓谷沿いにはこぞって高級ホテルが進出しています。そのうちの一つ、アリラウブド内にあるのがプランテーショングリルです。


 オープンエアーのレストランは、アランアランと呼ばれる茅葺の屋根がバリらしい雰囲気を醸し出しています。テーブルは50席はあるでしょうか、フロア面積が広くさらに天井が高いので、着席すると周囲の木々に溶け込んだようなナチュラルな気分を感じます。

  

  

レストランは2階建になっており、階下は主にホテル宿泊者がお酒やコーヒーを飲んだりするラウンジになっています。

  

テラスの淵まで行くと、眼下にアユン渓谷、そして世界の絶景プールにも選ばれた有名なインフィニティプールが見えます。マーニがプランテーションレストランに来たのは、久しぶりですが、以前と同様に美しい景色で写真を何枚も撮ってしまいました。


アリラウブドのレストランは、地元バリ産の食材を仕入れる事で地域貢献を図り、新鮮で健康的な食材を提供するという「スローフード」をコンセプトにしています。まだオーガニックがそれほどポピュラーでなかった時代から、ホテル内に有機農法の自家菜園を持ち野菜やハーブをレストランで提供してきました。

メニューを見ると前菜、スープ、メインと、それぞれにバリ料理とウェスタン料理の両方が用意されているので、例えばスープはコーンスープ、付け合せにサテ(バリ風焼き鳥)を注文し、メインはポークチョップと、両者混ぜてオーダーできます。西洋料理も味付けにアジアンハーブやスパイスを使う等、調理法はこだわっています。

おすすめは本格的なバリ料理です。細く割いた鶏肉に野菜を絡めたウラップと呼ばれるサラダや、タマリンドを使ったサユールアッサムというスープ、また牛肉を蒸し煮したレンダンサピ等、どれも美味しそう。

  

今回は2名以上から注文可能なロイヤルリスタフルというバリ料理のセットを頂きました。クシュナ チェクー(Kesuna Cekuh)と呼ばれるバリ風ソースで魚を焼いたイカンゴレン、じっくり炙り焼きした鶏肉のアヤムベトゥトゥ、バリ風の自家製ソーセージのウルタン等、全部で7種類ものバリ料理が食べられます。

美味しかったのが、ジャックフルーツやササゲと呼ばれるサヤインゲンに似た野菜を使ったラワールです。数種類のハーブが使われ、深く鼻腔でも味わえる一品です。


料金は、前菜で1品10万ルピア程度、メインで20万程度と、内容からしたらリーズナブルです。フルーツや野菜を使ったヘルシードリンク、カクテルやワインも豊富で、メニューはベジタリアンメニューも用意されています。レストランスタッフも、途中でお皿を変えてくれたり、気配りがゆき届き気持ちよく食事ができました。

  

美味しい料理は、美しい景色と一緒に食べるとさらに美味しくなる。景色と料理の両方を堪能したい人におすすめのレストランです。
by mani(2019/05)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店 パルテンツァ・ツアー&トラベル(PT. Partenza Indonesia) バリ島現地 日本語ダイヤル62-811-399-869

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

ビリーホーレストラン

マジョリロマンティックディナー

アマデアリゾート

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP