スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

スミニャックにある美味しい手打ちパスタの「ボッテガ イタリアーナ バリ」

プティティンゲット通り(Jl. Petitenget)を歩いていると、看板にボッテガ イタリアーナ(Bottega Italiana)と書かれたイタリアンレストランを見つけました。店頭にピンクのブーゲンビリアが咲き乱れ、白い自転車もかわいい。カフェっぽい雰囲気で入りやすく、ちょうどお腹も空いていたのでマーニとランチを食べることにしました。

白を基調にした店内は大きな窓から自然光が優しく入り、ここがバリ島である事を忘れてしまうほどに、とてもかわいいお店です。行った事はないですが、太陽の光があふれるシチリア島みたいな感じかしら(笑)。

オープンキッチンのカウンター前では、お揃いのユニフォームを着た女性が何やら作業をしているので、見てみるとなんとパスタを作成中でした。そう、このボッテガイタリアーナは、手打ちパスタがウリのイタリアンだったのです。


鮮やかな手付きで、粉を打ち、捏ねたパスタをパスタマシンで伸ばし、あっと言う間にパスタが出来上がっていきます。作っているところを目の前で見るのは楽しく、店頭で手打ちしている日本のうどんや蕎麦屋さんみたいです。

  

作業スペースの後ろにはパスタを保管している冷蔵庫があり、タリアテッレ、タリオリーニ等の幅広のロングパスタの他、耳たぶ型のオレキエッテやマカロニみたいなグラミーネ、ニョッキの他、グルテンフリーのパスタも用意されています。

  

そしてこれらのパスタに、バジリコ、ポモドリーノ、アマトリチャーナ等の好みのパスタソースを選んで組み合わせられます。私はタリアテッレのパスタとスコリーオ(Rp.88,000)と言う、イカ、エビ、アサリ、チェリートマト、バジルが入ったシーフードのパスタにしてみました。

残念ながら、たまたまアサリが入荷していないと言う事で、アサリ抜きになってしまいましたが、それでもガーリックの効いたトマトソースに魚介の風味が手打ちのしこしこしたパスタに絡んで、とっても美味しいです。オリーブオイルは質の良いエクストラバージンオイルを使ってあり、日本のレストランで食べるのと変わらない高レベルのパスタです。

マーニはコット エ ピアトーノ(Rp,105,000)と言う、イタリアンハム、チーズ、トマト、レタスの入ったバゲットのサンドイッチにしました。香ばしい小麦粉の香りがするパンと柔らかいハムがマッチしてこれもとても美味しいです。

 
ショーケースにあるハムやチーズがグラム単位で選べるようになっている他、サラダ、パン、ペストリー類もあり、朝食メニュー用意されています。肉や魚等のメイン料理はないのですが、パスタやサンドイッチを食べたい時やカフェとしても使え、ワイン、ビールもあるので、軽くつまんで飲むのも良さそうです。

  

写真下:飲み物は私は、ミックスベリー、ヨーグルトのスムージーのカサノバ(Rp.45,000)と、マーニはソーダウォーター(Rp.25,000)にしました。スムージは甘さ控えめでベリーが香って美味しかったです。

 
盛り付けにオリジナルの陶器のお皿やコースター等を使っており(店内で販売もしています)、センスの良い店だなと思ったら、こちらスミニャックのドゥルパティにあるジビル クッチーナ イタリアーナ (Zibiru Cucina Italiana)が経営しているグループ店のようです。

今回訪れたプティティンゲット店の他に、ボッテガ イタリアーナは、スミニャック、チャングー 、またブラワにも新店舗が出来ているので、お近くを通りかかったら、利用してみてはいかがでしょうか?

※料金には別途、10%の税金と6%のサービス料が加算されます。

by franny(2019/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP