スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

インディゴ バリ スミニャック ビーチのお洒落バー「シュガーサンド」でサンセット気分

バリ島のスミニャックビーチに2018年オープンした「シュガーサンド」に行ってきました。

場所は、ホテル インディゴ バリ スミニャック ビーチの隣で、ホテルのレストランの一部になっていますが、基本的には独立系のバー&レストランで、マーニが訪れた時も外部ゲストの利用者が多かったです。



  

1階はプールがあり、水着のままプールサイドのデッキチェアで食事やドリンクを注文できるビーチクラブスタイルになっています。2階は、オープンエアーの広いテラス席で、寝転びタイプのソファがありくつろげるようになっています。

シュガーサンドに訪れた時は、ちょうど夕方で、2階のテラス席には夕日を見ようと女性グループや家族連れが来ていました。マーニ達もそこを狙ったのですが、BGMのスピーカーの音が話が出来ないほど大きかったので1階に移動しました。

フラニーは、ビンタンビールを(60,000ルピア)、マーニはアイスカプチーノ(40,000ルピア)を注文し、無料Wi-Fiにアクセスしながら飲み物が運ばれるのを待ちました。



肝心の眺めですが、シュガーサンドとビーチの間に一本道路があるのと木が植わっているので、若干視界が遮られます。しかしオープンして間もないことと、一方通行のダブルシックス 通りにあるという立地からか、それほど混んでおらず、のんびりできました。

  

他のお客さんを見ると、カクテル、ワイン等お酒を飲みながら、ツナのセビーチェ(90,000ルピア)、カジキのたたき(85,000ルピア)等、少量のテイスティングメニューを、食べている人が多かったです。

  

一方、プールの横に2階建の本格的なレストランがあり、ミニロブスターのグリル(165,000ルピア)、アンガスステーキ(230,000ルピア)等、食事も可能です。夕方5時〜7時はハッピーアワーもやっています。

  

夕方のビーチ沿いのレストランやバーはどこも人で溢れかえり、それも楽しいことではありますが、静かに飲みたいときは疲れてしまう。そんな時、のんびりカクテルを飲みにシュガーサンドに来るというのは十分アリだと思います。

※料金は、税金、サービス料込です。







by mani(2019/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP