スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

インスタ映えだけでなく味もイケてる「カインド コミュニティ」

バリ島でインスタ映えスポットとして、話題になっているカフェが「カインド コミュニティ(KYND Community)」です。場所はスミニャックのプティティンゲット通りにあり、特に朝食メニューが充実していると聞いて、マーニを誘って行ってみました。
 


なるほど!お店の前に到着すると直ぐにココだと判りました。ご覧のように外壁一面がポップなピンクで目立ちます。

中でもテラス席がカインドコミュニティでも一番の人気で、壁一面ピンク色。

「かーわーいーいー!」

と、店内に入ると一気にテンション上がります(笑)。



当方、アラカンのおじさん、おばさんですが、そんな微妙な年齢の私達でさえ、思わず声に出ちゃうくらい、「Kawaii」店なので、世界中から若いお嬢様方が殺到するのは納得です。



到着時は、朝まだ8時頃でしたが、既にお客さんはボチボチ入ってて、楽しそうに写真を撮ったり、食事をしている様子です。取りあえず、私たちは室内に席を決めて、かわいいユニフォームを着た店員さんに手渡された、木の土台にピンクの表紙のメニューに目を落とします。
 


ブレックファストメニューを見ると、フルーツ&グラノーラや豆腐スクランブルに、ヴィーガンエッグを使ったサニーライドハンバーガー、野菜タップリのブレーキーサラダと他ではあまり見られない、ヘルシー系のメニューが充実しています。また、チョコレート尽くしのチョコクランチや、バニラパンケーキとココナッツアイスを使った、パラダイスパンケーキ等のスイーツ系のユニークな朝食メニューもあります。

  

その他、グルテンフリーのパンもあるグルメトーストが7種類あり、お好みでアボカド、カシューバター、ガーリックマッシュルーム等のトッピングを追加する事も出来ます。また、スムージーボウルが2種類に、ワッフルはドリームボートとキャラメルキッスと言うネームングさえもかわいいです。



まず飲み物は、私がオーダーした写真左のラテアートも美しい、アーモンドミルクのカフェラッテ(Rp.40,000)です。普通のミルクに5,000ルピアプラスすると、アーモンドミルクに変えてくれます。味はナッツの香りが強めでコーヒーとケンカするので、私は普通のミルクの方が好みかな?



そして右側がマーニの飲んだボリューも満点な、クッキー&クリーム(Rp.65,000)です。チョコレートミルクシェイクの上にココナッツホイップとグラスの周りには、オレオクッキーがピーナツバターでくっつけてあります。濃厚なチョコが口いっぱいに広がり、カロリーを想像すると恐ろしい事になりますが、こう言う店に来たら、取り敢えず今日の摂取カロリーなんて忘れてしまいましょう(笑)。

この他にもKYNDにはフォトジェニックな、色とりどりのフレッシュジュースやスカッシュ、スムージー等が豊富にあります。



まず、カインドコミュニティで一番人気と聞いた、ベリートロピカル(Rp.79,000)という、スムージーボウルが運ばれてきました。カラフルなフルーツがキレイに並べられ、これは見た目でイチコロ!(笑)。



お味は?と思ってスプーンで1さじ頂いてみると、ベースがドラゴンフルーツのスムージーなので、意外にあっさりしたお味。アサイボウルみたいにフルーツを凍らせていないので、強烈な冷たさもなく、丁度いい甘みと酸味が口の中に広がり美味しい! トッピングされている自家製グラノーラやバナナ、いちごと混ぜて一緒に頂くと、軽く爽やかで朝食にピッタリです。



ちなみにアルファベットでKYNDと乗っているのは、パパイヤを切り抜いたもので、リクエストすれば、好みの簡単な英単語にもしてくれるそうです。

もう一品がドリームボート(Rp.76,000)言うネーミングのワッフルです。サクサクに焼かれたワッフルと、上に乗ったココナッツアイスクリームを一緒に食べると温かいのと冷たい食感のコンビネーションが楽しく、円形にかけられたハチミツの甘さだけなので、思った程に甘くなくペロリといただけちゃいます。


そうこうしてたら、オージーのおばちゃま女子会グループが10人に、インドネシアのヤングファミリーや、欧米人カップルが何組も入って来て、店内はあれよ、あれよと言う間に満員になって、カインドコミュニティの人気ぶりを実感しました。




カインドコミュニティは、映えだけががウリの店かと思いましたが、在住者風の男性客がふらりと一人で訪れて、ボリュームたっぷりの朝食を食べていたり、常連風のジム帰りの女性がテイクアウトしたりと、味でもゲストの胃袋をしっかりと押さえている、スーパー楽しいカフェでした。

朝食&ランチは朝6時から夕方5時まで。そしてバー&ディナーは夜6時から10時までの営業で、ディナーメニューはタパス系からサラダ、パスタもあり、中にはジャパニーズラーメンと言うちょっと試してみたいメニューもありました。また、月曜日はメキシカンマンデーで、マルガリータが半額になったり、金曜日はカクテル全品が半額になるので、お酒を飲みに行くのも楽しそうです。



ちなみにインスタ映えするポイントで写真を撮りたい方は、朝は8時前くらいに入った方が、比較的空いているのでゆっくり撮影出来るのと、夜の遅めの時間帯も空いているそうです。

スミニャックに行ったら、ぜひカインドコミュニティに行って楽しい時間を過ごしてみてください。

※料金には別途、10%の税金と6%のサービス料が加算されます。

by franny(2019/05)

写真下:ショーケースの中には、ビーガンドーナツやロウチーズケーキ、グルテンフリーマフィン等のヘルシーな焼き菓子のほか、定番のブラウニーやチョコチップクッキー、バナナマフィンのスイーツもあります。



  

写真下:大きなひまわりの前のブランコも混雑時には、順番待ちが出来る程の映えスポットです。



写真下:お店の入り口にあるKYNDのロゴ前も人気インスタ映えスポットです。店員さんはもちろん、ガードマンさんも慣れていて「ピクチャー?!」って声を掛けてくれ、気軽にスマホで撮影してくれるので自撮り棒は不要です(笑)。



写真下:隠れスポットの男女別のパステルカラーのトイレ。ピンクのおしぼりがかわいい。



写真下:ちなみにお隣は、「Cream」と言うカインドコミュニティのアイスクリーム屋さんで、この壁の前も撮影スポットとして人気です。


 

詳細ページへ戻る

PAGE TOP