スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

美しい「ジ アプルヴァ ケンピンスキー バリ」で極上リゾートライフを

決して安くはない、バリ島の五つ星ホテルに泊まる理由。それは一言で言うと「感動体験」ではないでしょうか。

エキゾチックなデザインの豪奢なロビーに到着すると、美しいユニフォームをまとったスタッフが銀のトレイでアロマオイルの香りのするおしぼりとウェルカムドリンクを運んでくる。案内された客室の扉を開けると、大きなふかふかのベッドの向こうから青い海が目に飛び込んでくる。

日常を離れ、別世界に来ることができた感動を味わせてくれるのが高級リゾートの役目であるとするならば「ジ アプルヴァ ケンピンスキー バリ」ほど、それを全うするホテルはないでしょう。

  

  





インドネシア人オーナーが何度も作り直しを命じ、完成まで7年もかけたというケンピンスキー バリは、インドネシアの歴史と文化を極限まで反映させたヒストリカルリゾートホテルです。ジャワ、バリといった多様な歴史を持つ各地の文化を集約し、それをヌサドゥアの青い海に映えるリゾートホテルとしてまとめ上げました。ゲストはホテル内のどこにいても、インドネシアアートと青い海の両方を満喫することができます。

アプルヴァとはヒンドゥー語で「至宝」の意。バリ島に新たに誕生したモニュメントホテルで感動体験を味わってください。

▶ ジ アプルヴァ ケンピンスキー バリの基本ホテル情報、ご予約はこちら

♥マーニのひとこと♥
歴史や文化をテーマにしたホテルというと、重く暗くなりがちですが、ケンピンスキーバリが底抜けに明るいことに驚きました。ビル約10階分に相当する崖を利用した地形と、大きなプールを囲むコの字型の宿泊棟のおかげで、ホテル全体に開放感が生まれました。庭からロビーまでの回廊階段は全部で250段なので、ガッツのある方は熱中症に気をつけて上ってみてください。

  

■ 良い点 & 惜しい点 ■
☆ シンプルで広い客室
アプルヴァ ケンピンスキー バリの客室に初めて入った直後は「フリル(装飾)が少ないな」と思いました。高級ホテルによくある、ドンジャラリーンとした豪華な装飾や高価な置物が少ないのです。ただ思ったのですが、実際にゲストが寝泊まりしたら、二人のサングラスや愛読書が置かれ、華やかな服を着たゲストが過ごす。シンプルな背景の方が、主役の二人(お客様)がより引き立つように思います。

最低でも65平米もある空間に、ゆったりとした室内ソファ、ベランダのデイベッド、ビューのあるガラス張りのバスルーム、使いやすい深い洗面台2つと、余計な装飾は控えめながら使いやすさは徹底追求しています。大きなウォークインクローゼットがあるので部屋はさらにスッキリ使えるでしょう。入り口扉を開けて、廊下から直接部屋が覗かれない間取りは最近の高級ホテルの流行りですね。

全客室の60%で、テラスにプランジプールが付き、ビルディングタイプのホテルでありながら、外に行かなくても朝から晩までリゾートライフが楽しめます。

  

  

  

☆ プライバシーを考えた居心地の良いプール
横一列にだーっとデッキチェアが並ぶホテルの場合、隣の人とのパーソナルスペースが狭いため、プライバシー面に欠けます。その点、ケンピンスキーバリのプールは淵がジグザグになっており、少し離れた対角線上に他のゲストが座るので、プライベート感があります。インフィニティプールは全長60mもあるのでゴミゴミすることなく、プールに浸かりながらヌサドゥアビーチを眺めていると、ときおりツアーのラクダが横切るという演出付き。桃源郷とはまさにこのことでしょう。

  

  



☆ ディズニーランドのようなテーマパーク演出
バリ島のホテル演出もここまで来たかという感じですが、話題のコーラルレストランがまもなくオープンします。地面に大きな穴を掘り、そこをガラス張りの水槽にして泳ぐ魚を見ながら食事ができるというアクアリウム風レストランです。マーニが訪れた時は、海水とサンゴを入れ水質の安定化をしており、この後、魚を投入するとのことでした。宿泊等にはブサキ寺院やライステラスをテーマにしたデザインを取り込み、ゲストはインドネシア版テーマパークに迷い込んだような楽しさが味わえます。

ただし、そこは世界的ホテルグループのケンピンスキー。大人の味付けを施しているのはさすがです。ロビーにあるピラミッドの底のような5段の天井は、バリヒンドゥーの基本である空、空気、火、水、土の5つの要素を建築に反映し、宇宙を表しています。ホテル内の調度は、インドネシアフローレス島の伝統織布イカットや、ボルネオ、トラジャなどクラフトマンシップな工芸品が採用されています。

マーニは、これまであまり知られることのなかった、インドネシアアートの力強さに開眼しました。

  

  



★ 強いていうならば、緑が少ないです。ただオンザビーチのリゾートでゲストは海を見たいわけで、高いヤシの木がそいいらじゅうに生えていたら今度はビューを遮ってしまうので、このあたりは好みでしょう。

  

  

  

▶ ジ アプルヴァ ケンピンスキー バリの基本ホテル情報、ご予約はこちら

★TIPS★クラブラウンジと専用プールをビルの上階に作ったので、上位カテゴリーのゲストは、朝食を食べながら海を見下ろす絶景が楽しめます。


by mani(2019/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP