スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

モダンブリティッシュレストランで経験を積んだシェフによる、世界各地の料理を融合した「ザ スロー バリ」

ザ スロー バリ(The Slow, Bali)は、チャングーにあるデザインホテルです。普通ホテルは、プール、スパ、ジム等の施設がありますが、大人のロスメンをコンセプトにしたザ スローは、施設は唯一レストランのみで、その分食に関してはこだわりを持っています。


ザ スロー レストランのシェフ、ロビンホルムグレン氏(Robbin Holmgren) は、裸のシェフとして有名なイギリス、ロンドンの「ジェイミー オリヴァー レストラン(Jamie Oliver)」、「セント ジョン(St John Bar and Restaurant)」、「ライルズ(Lyle’s)」等、ミシュランを取得したモダンブリティッシュレストランで経験を積んできました。

地元の食材を使い、肉は薪のオーブンで焼く等、繊細で独創的な料理を生み出します。ちなみにカクテルは、イギリスで有名な女性バーテンダー、マヤ ジャヴォルスカ氏(Maya Jaworska)が考案したものを採用しています。



アメティスヴィラに宿泊していたマーには、事前にバトラーさんを通じてディナー用テーブルを予約してもらっていたので、到着時はほぼ満席でしたが、一人であるマーニにも良い席が確保されていました。レストランは、天井からグリーンが釣り下がったシンプルなオープンエアースタイルです。

  
 
カクテル、ワイン、ディナー用メニューの他に、夕方4時からのスモールバイツ(量の少ない軽いメニュー)があります。はじめ、マーにはディナー用メニューから選ぼうとしたのですが、オーダー担当の女性スタッフが親切に説明をしてくれて、一人だと量が多すぎるということで、スモールバイツから2品を注文することにしました(それでも量が多かったですが(^^;))。

はじめに食べたのは、コリアンフライドブロッコリー(Korean Fired Broccoli、65,000ルピア )で、衣をつけて揚げたブロッコリーに、キムチとトマトソースをメインに味付けした料理です。野菜の素揚げは食べたことありますが、ブロッコリーを揚げたものは初めてで、ピリ辛のキムチ風ソースと絡める味がピタリと決まりビックリ。



次は、キョフテ(注1)をハリッサ(注2)で味付けし、それをタブーリ(注3)と融合させたピデ(Pide、125,000ルピア)です。インド料理で使われるさらさらとしたお米に似たブルグルを全体にかけて頂きます。スパイスの使い方が、東南アジア料理とはまるで異なり、軽い羊肉と濃厚なソース、プチプチとしたユニークな食感とが口の中で混じり合い、ナンと一緒に食べるとこちらもまた斬新な味でした。

注1:中東や南アジアでポピュラーなラム肉を使ったミートローフ料理
注2:チュニジア料理によく使われる辛味調味料
注3:トマト、ミント、玉ねぎ等で作るレバノンサラダ

揚げブロッコリーは美味しかったのですが、ピデは少し凝り過ぎという感じでマーニの好みではありませんでしたが、いずれも料理に合うカクテルやワインと組み合わせて食べると、さらに楽しめると思います。

  

残念ながら、お腹いっぱいでデザートは食べれず、お店の人にも「デザート食べずに帰るなんて勿体無いよ〜」と諭されたのですが、他のテーブルを見ると、グループ客が多く、大人数だともっといろいろ食べれるのでうらやましかったです。下世話な話ですが、この味を東京で求めたら、とてもこの値段では食べられないでしょう。

ザ スローも良かったですが、こうしたレストランが存在するバリ島という場所に改めて感動しました。チャングーは次々と新しい店がオープンしており、今後も要注目のエリアです。

※料金は別途、税金、サービス料として21%が加算されます。
 

by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP