スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

手頃な料金でオーシャンビューに泊まれる「ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワ」

「部屋から海が見えるホテルに泊まりたい、しかもそれほど高くない料金で」というのは、多くの人が思うことですが、バリ島ではこれを実現するホテルが少ないのが現状です。海の近くで特にオーシャンビューの部屋というのは、どうしても料金が高くなります。

そうした中、注目したいのが2016年にオープンした「ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワ」です。海岸沿いにありながら、オーシャンビューの部屋でも1,660,000ルピアと(通常期。2019年現在)と手頃なので、今回泊まってみることにしました。

  

  
 

実際に宿泊してみると、客室から海が見えるのはもちろん、ホテルのデザインが洒落ていることに驚きました。客室数が60室とそれほど多くないため、わさわさした雰囲気もありません。ホテル周辺に飲食店が無いことを心配したのですが、実際には徒歩圏内にスーパーやレストランがあり杞憂でした。

「ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワ」は、予算を抑えて海の見えるホテルに泊まりたい人、オシャレなホテルでしっとり静かに滞在したい人に向いているでしょう。

▶ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワの基本ホテル情報、ご予約はこちら

♥マーニのひとこと♥

実は宿泊前、ヘブン スイーツ バリ ベラワにするか、チャングーにある某カジュアルホテルにするか迷ったのですが、レンタル自転車についてメールで問い合わせたところ、すぐに的確な返事が返ってきたのがヘブンスイーツだったので宿泊を決めました。実際借りた自転車は鍵が付いておらず、尋ねると「この辺りは、盗む人はいないから多分大丈夫」と、なんともおおらかな返事でした。しっかりしつつもこの緩さに、バリ島らしいなあと思った次第です。

■ 良い点 & 惜しい点 ■

☆グレードの高い客室設備と印象的なデイベッド
オーシャンビューの部屋を予約していたのですが、チェックイン時にプールビューと言われたため、スタッフに確認してもらい、少し待って1階の海の見える庭付きの部屋をアレンジしてもらいました。

まず目に飛び込んでくるのが、窓際に置かれたルーバー風デザインが印象なデイベッドです。ヘブンブラワは、全ての部屋にテラス、またはバルコニーがあり外でくつろぐことができますが、雨が降った時や夜は客室内に座れる場所があると便利です。

クローゼット風のようなデザインの壁や、バリのトラディショナルな木彫りがあしらわれた洗面所等、バリらしさが随所に感じられます。

コーヒーを飲もうとしたら、インスタントコーヒーの他に、カートリッジ式のエスプレッソマシンが用意されていました。試しにセットしたら、手が滑って粉の入ったポッドがマシンに飲み込まれ一個無駄にしてしまいましたが、カートリッジは複数あるので大丈夫(笑)。ミニバーも無料です。全室バスタブと独立シャワーブースは当然のこと、W洗面やバニティミラー等設備が豪華で、お得感があります。

  

  
 
  
 

☆ ホテル全体を覆うアーティスティックなデザイン
ヘブン スイーツ ベラワに到着し、まずアーティスティックなロビーに感動しました。二階までぶち抜きの高い天井に、花をモチーフにした淡い色のタイル、石を張り合わせたむき出しの壁と、クールな印象です。中央に置かれたプリミティブなデザインの巨大テーブルは、なんと一枚板で、パシフィックモダンスタイルな家具とのコントラストが素敵です。ライティングを絞った夜は、さらにシックな雰囲気でした。

レストランは壁一面がガラス張りで、中にいても戸外の雰囲気が味わえるアルフレスコスタイルで高級感があります。ホテル全体に大理石やウッドをバランスよくあしらい、モダンでありながらナチュラル感を忘れないバランス感が素敵でした。

  

  

▶ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワの基本ホテル情報、ご予約はこちら

☆ バリ島のローカルフード「ナシジンゴ」が提供される朝食レストラン
朝食レストランは、ビュッフェとアラカルトのミックススタイルでした。卵の調理法とメインメニューをスタッフにオーダーすると、作りたてをテーブルまで運んでくれます。それ以外のサラダ、フルーツ、パンなどは自分で好きなものを自由に取りに行くことができます。マーニを担当したスタッフさんは、新人さんだったようでオーダーにまごつきましたが(笑)、ベテランスタッフさんに頼むと的確でした。

おすすめメニューに「ナシジンゴ」という、バリ島で小腹が空いた時にテイクアウトして食べる軽食があり、試しに注文してみました。普通はバナナの葉で包まれ素手で食べるのですが、ご飯、卵、ピーナッツ、鶏肉がきちんとお皿に盛られ食べやすかったです。別途注文したオムレツも美味しく、もっと色々食べたかったのですが、お腹いっぱいになってしまいました。

パンの種類も豊富でベーグルやパンケーキがあったり、他のホテルでも見かけることの少ないポメロフルーツがあるなど、朝食には力を入れているようです。ルームサービスが24時間営業というのも、ホテル周辺にコンビニがないので助かります。

  

  

☆ 田んぼの中をのんびり散策しながら外部のレストランへ
Googleマップでザ ヘブン スイーツ バリ ベラワの場所をチェックすると、スミニャック、またチャングーの中心部から離れていますが、スミニャックスクウェア、チャングークラブまで無料シャトルバスがあります。

ホテルの外に出てみると歩いて数分のところにスーパーマーケットがありました。周辺は緑の田んぼが残るエリアで、田舎風景を見ながら散歩するのは、とても楽しいものでした。ここ数年エリア内に美味しいレストランやカフェが増えており、「むすび」、「チンタカフェ」、「ヌード」、「ウレカン」などはヘブンブラワの徒歩圏です。ブラワビーチ周辺は意外に便利な穴場スポットだと思います。

★ プールサイドが狭いため、デッキチェアはプールから15mくらい離れたウッドデッキに並んでいます。ウッドデッキから目の前に海が見えるのは良いですが、すぐに水にドボンしたい人にはちょっと不便です。プールを楽しみたい人は、テラスに専用デッキチェアがあるプールアクセスの部屋を選ぶと良いでしょう。

  


★TIPS★ スミニャックからヘブン スイーツ バリ ベラワまでメータータクシーで15分くらいかかり料金は55,000ルピア(約450円)でした。郊外にあるホテルなのであまり知られていないのでは?と思いましたが、聞いてみると「ドライバーなら誰でも大概知っているよ」とのことでした。この料金ならスミニャックまで遊びに出かけるのも、随分楽になります。

▶ザ ヘブン スイーツ バリ ベラワの基本ホテル情報、ご予約はこちら

   

by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP