スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

体にエネルギーをチャージするルビースパの「アース&ヘブン」

▶ ルビースパのご予約、詳細はこちら

★POINT★「アース&ヘブン」は、疲れを癒すマッサージと肌を美しくするスクラブが手頃な料金で受けられるパッケージです。レイキを用いた揉みほぐしは疲労回復効果が高いです。

★POINT★短時間ですが、トリートメント最後にバスとフルーツが付くので満足感があり、高級ホテルのスパならではの安心感があります。

【蓄積した疲れを取り除く】
最近、マーニは疲れやすくなりました。仕事や外出で日々活動していると、以前だったら最後まで頑張れたのが、途中でグッタリ。歳のせいと言えばそれまでなのですが、エネルギーが不足しているというより、そのエネルギーを溜めておく器がもろくなっているようです。
 
アメティスヴィラに滞在中、ルビースパの「アース&ヘブン」を受けることにしました。メニューの中に「全身のリラクシングマッサージで蓄積した疲労を取ります」とあったからです。

宿泊者は、スパを予約しているとバトラーさんが時間になるとヴィラまで迎えに来てくれます。バトラーさんとスパに向かうと、ちょうどセラピストさんも迎えに来てくれました(笑)。3人そろってスパまで歩き、明るいオーラの二人と一緒にいると、それだけで元気がもらえそうです。

  

【快適な環境でトリートメントを】
ルビースパは、アメティスヴィラの敷地の中で道路から最も離れた場所にありとても静かです。ロビーには、亀の置物のいる池があり、水音が静かにこだまします。マーニが到着した時は、すでに施術が終わったゲストがロビーでお茶を飲んでる所でしたが、トリートメントルームが3室と限定されてるので、そのゲストが帰るとロビーはマーニ、一人になりました。
 
先ほど迎えに来てくれたプトゥさんからウェルカムドリンクを頂きながら、メニューとオイルの説明を受け、いよいよトリートメントルームに案内されます。

  

ルビースパのトリートメントルームは、カップルルームとシングルルームがあり、今回はバスメニューがあるので広いカップルルームに。トリートメントルームは、快適なマッサージが行えるよう、すでに適切な温度に設定され採光も絞られきちんとセッティングされています。

ガウンに着替えフットバスが始まります。セラピストさんの温かい手がマーニの足首を包むだけで、雪の日に温かいブーツを履いているような優しい気分になります。バリ島に限らず、東南アジアでは足を不浄なものとするので、体にたまった穢(けが)れを落とすという意味合いもあるのでしょう。

  

【真心こもったマッサージ】
マッサージは静かに体を押す事から始まります。はじめに体全体を揺らしながら、筋肉の張りや骨格をチェックし、ゲストの体の特徴を探ります。
 
マッサージは、足、腰、背中、肩と流れるような、それでいて深いストロークで、特にルビースパの場合ストロークスピードがゆっくりなので、じっくりと体に効きます。マッサージする時は、足だけでなく接続する腰も、背中をマッサージするときは肩も、というように、部位ごとに揉むのではなく筋肉の付き方に沿ってマッサージをしてゆきます。

ルビースパのセラピストスタッフは、転職の多いバリ島にあって、ここ数年ほとんど辞めることなく、精鋭達が集まっています。セラピスト達は、日々のトレーニング、定期的な技術チェックはもちろん、経験を積み、一辺倒のマッサージではなく、ゲスト一人一人の体調、特性に合わせ自在にマッサージを加減し技術を駆使します。
 
なにより、人を癒したいという真心が手のぬくもりから感じられます。揉み方は決して強くないのですが「気」を使い深部にまで到達するので、65分のマッサージでじっくり効きました。

マッサージ後、オレンジのスクラブで、自分では届きにくい背中や肩の裏の角質や汚れを落とします。スクラブはオイルを吸着する意味もあり、スクラブを落とす時にはこのまま服を着ても問題ないほどさらさらです。

【至福のトリートメント仕上げ】
最後はルビースパ名物「ティーバス」に浸かります。たっぷりの各種天然ハーブをお湯に溶かし(ティーバスの種類も自分で選べます)、花弁を散らしたフラワーバスでリラックス。思わず「プハー」と声が出るのはお許し下さい(笑)。マーニが受けた時は夕方で、バスルーム内がほの暗いので、かえって気持ちが落ち着きました。バスタブは大きくカップルなら二人一緒に入れます。

   

マッサージ終了後は、フルーツサラダとハーブティを頂きます。通常はレストランに移動して頂きますが、マーニはフラワーバスの中で食べたいとリクエストしたら快く引き受けてくれました。

お風呂に入った後の心地良い疲れと共に、スパを後にしました。あまり眠れないマーニが、その夜久しぶりに熟睡し、翌朝は空腹で目が覚めました。エネルギーを溜めるマーニの中のエネルギーの器が、だいぶ回復したようです。
 
毎日、食事も摂って睡眠をきちんと摂っている人でも、人間は時々体のメンテナンスが必要です。まして疲れやすい人は、疲れを溜めないようにしなくてはなりません。わずか2時間のトリートメントですが「アース&ヘブン」は、元気になれるマッサージでした。

▶ ルビースパのご予約、詳細はこちら
by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

ルビースパ

ソハムウェルネスセンター

ジ アムルタ

一覧へ

予約数の多いスパ

PAGE TOP