スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

小さな高級ホテル「プラマナワトゥクルン」に泊まる

フォーシーズンズサヤン、アマンダリ、マンダパリッツカールトン、アリラウブド、プリウランダリ、カユマニスウブド・・・。これらホテルに共通するのは何だかおわかりになりますか?
 
これらはウブド西側、アユン渓谷に建つホテルです。バリ島にはたくさんの風光明媚な場所がありますが、名だたる高級ホテルが最高の眺めを求めてアユン川沿いの土地に集まりました。

当然のごとくアユン渓谷の地価はどんどん値上がりし(東京より高いと聞いたことがあり)、そして地価は宿泊料に反映されるので、渓谷美を楽しむホテルに泊まるには高い宿泊料を支払わないといけなくなってしまいました。

  

  
 
そこに風穴を開けたのが「プラマナワトゥクルン」です。最下カテゴリーのプラマナスイートは1泊約100ドルと破格です。テラスから雄大な眺めのプライベートプール付きロイヤルアユンプールヴィラでさえ、一泊約300ドルと、周辺のホテルからすると、かなりお安い料金設定です。
 
緑のジャングルと青い空が広がるアユン渓谷ビューを、お得な金額で楽しめるプラマナワトゥクルン。バリらしい伝統建築と、バリ人の優しさが感じられるホスピタリティもホテルの魅力です。

  

プラマナ ワトゥ クルン リゾートの基本ホテル情報、ご予約はこちら

♥マーニのひとこと♥
ウブド観光に行く方で、景色の良い場所で食事をしたい時、アユン渓谷沿いのホテルのレストランだと、どこも高いですが、プラマナワトゥクルンのルンバーアユンレストランなら、リーズナブルな価格で美味しい料理が楽しめます。この眺めを宿泊者だけに限定するのはもったいない(笑)。

■ 良い点 & 惜しい点 ■

☆高級感のあるホテル  
周辺のホテルと比較して室料の安いプラマナですが、チェックインしてビックリ。客室、施設共に、とても高級感が感じられるホテルだったのです。きちんとベッドランナーがあり、朝食から本格的なテーブルセッティングで、無料のアフタヌーンティーサービスでさえ、きちんと布製のナプキンンを用意してくれます。料金以上にお得感がありました。

☆予算に応じて選べる客室
客室タイプが4つだけですが、それぞれが全く異なる内容なので、予算を重視するか、眺めを優先するか、それともプライペートプールを望むか、シーンに応じて様々な選び方できます。
 
マーニが泊まったウッデンプールヴィラは木戸をくぐると、可愛らしい庭に小さなプライベートプールがあり、部屋の前にはテラスとブランコがありました(一人でしたがブランコも乗ってみましたよ・笑)。
 
ベッドルームは、少し手狭ではありますが、バスルームが広く、バスタブの他にシャワーコーナーもありました。昼間はテラスで過ごしたり、プライベートプールで泳いだり、壁に囲まれている分、周囲の目を気にせず過ごせるのは便利でした。
 
セイフティボックス、バスローブ、バスアメニティ等があるだけでなく、例えばミネラルウォーターはアタのケースに収納する等、細かな所までぬかりない感じです。

  

  

  

☆伝統と文化に触れるバリ島のホテルならではのサービス
チェックアウト時、レセプションスタッフが、バリヒンズー教の総本山、ブサキ寺院のお守り(赤、白、黒の紐)をマーニの腕に付けてくれました。「あなたの旅が幸せであるよう神様に祈ります」とスタッフの優しい心が嬉しかったです。
 
ホテル内の石壁や扉には、バリ伝統の石工技術を凝らしたレリーフが彫られ、一部の客室やレストランはジョグロと呼ばれるインドネシア様式で建てられています。
 
プラマナワトゥクルンでは、お供え物作り、料理教室等の体験アクティビティが用意されが、ホテルにいながらにして、バリヒンドゥー文化の真髄に触れることができます。
 
椰子の木が生い茂るジャングルを眺めながら、美味しい食事、済んだ空気を楽しむ。いつも微笑みを絶やさず穏やかなバリ人の心に触れるようなプラマナワトゥクルンの滞在でした。

▶プラマナ ワトゥ クルン リゾートの基本ホテル情報、ご予約はこちら

  

  

★プール下側の展望テラスにデッキチェアがたくさん用意されていますが、プールを行ったり来たりするのには、少し面倒かもしれません。もっとも、客室が18室と少なくゲスト数も限られるので、プールサイドが混むことは少ないでしょう。

  

★TIPS★とても立派な、そしてデザインがユニークなヨガスタジオがあります。ヨガをやる方は必見です。
 
★TIPS★レンタル自転車が無料で借りられます。アップダウンの激しい場所ですが、朝や晩の涼しい時間帯に、美しい景観を求めサイクリングに出かけては?

▶プラマナ ワトゥ クルン リゾートの基本ホテル情報、ご予約はこちら

  

  

by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP