スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

チャングーで居心地の良い清潔な「ワルン バビグリン タニア」

まさかバビグリンがチャングーで食べられるとは思いもしませんでした。宿泊していたアメティスヴィラで、レンタル自転車を借り、サイクリングに出かけました。
 
お洒落なカフェやショップが続々とオープンしているメイン通りのバトゥボロン通りも楽しいのですが、その日はローカルな雰囲気を味わいたくて、ガイドブックに出てこない裏通りを走ってみることにしました。

  

ライスフィールドを抜け、バリ人の民家が集まるタナバラック通り(Jl. Tanah Barak)に入りました。ちょうどその日はガルンガンというバリの祭礼の時で、竹で編んだペンジョールが飾られています。表通りからほんの数分のところに、こんなに静かな場所があるとは・・・。
 
バイクに乗ったバリ人がすーっとマーニを追い越し、とある店の前で停まりました。その店先で売っていたのが豚の丸焼き料理のバビグリンです。

  

簡単な英語は通じるらしく「バビグリン?」と聞くと、「イエス」と、テーブルを指指し案内してくれます。壁にもどこにもメニューらしきものがなく、値段がわからなかったのですが1つ注文してみることに。

一皿30,000ルピアで良心的な価格です。ドリンクは壁の冷蔵庫から勝手に「テボトル」を取り出し、最後に会計するシステムで1本6,000ルピア。しめて日本円で約300円のランチです。

  

バビグリンは、脂ぎってなく部位毎に食感が楽しめて美味しい。店内で騒ぐ自分の子供に「お客さんがいるんだから静かにしなさい!」と、何と言っているかわかりませんでしたが(笑)、そんな感じのインドネシア語で気を使ってくれる女性オーナーにも好感が持てます。

  
 
ローカルワルンに似合わず、巨大なレジキャッシャーが置かれ、そこまで売れているようには見えませんでしたが(なんせ場所が裏通りなので)、見ているとテイクアウトしていくバリ人がちょくちょくいたので、地元では有名なのかもしれません。
 
  

訪れたことのない場所を散策して、もしそこが思いの外良いと何かを発見をした気分になります。お金を払いワルン バビグリン タニアを後に、ローカルな雰囲気が味わえるチャングーの新たな魅力に気づいたある日の午後でした。

※料金は税金とサービス料込みです。

by mani(2018/06)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

マジョリロマンティックディナー

ルビースパ

アマデアリゾート

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP