スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

チャングーの田園を眺める、のんびり系カフェ「ミル バイ ヌーク」

ここ数年でポツポツとオシャレなカフェやショップが増えて来たチャングーエリアですが、ライスフィールドビューでインスタ映えする、景色の良いカフェがあると聞いて行ってみたのが、「ミル バイ ヌーク(MiLU By Nook)」です。

  

なるほど、店内に入ると各国の観光客で賑わっており、特に女子グループが多く、皆スマホで記念撮影をしていました。お店は、たんぼに向かって壁の無いオープンエアーな造りで、確かにインスタ映えしますね(笑)。街中から車で15分程度で、すぐに牧歌的な風景が広がるのもバリ島の良いところです。丁度、稲刈り後で田んぼはちょっと残念な感じでしたが、緑の絨毯が広がる時期はより綺麗な景色が見渡せるでしょう。

  

ランチは済ませていたので、私はブラッシング ベリー ビート(Blushing Berry Beet / 写真下左)と言う、苺、ラズベリー、アップル、ビートルーツ等の入ったスムージーを選びました。甘酸っぱいベリー系にビーツのちょっと土臭い香りもあり、とても美味しいスムージーでした。旅行中は、どうしても野菜不足になりビタミンが摂れないので、飲む輸血とも言われるビーツは体に良いと信じています(笑)。


友人は、ヌークズトロピカルグリーン(Nook's Tropical Green / 写真上右)で、ほうれん草、パイナップル、マンゴー、バナナ、いちご、ココナッツ、バニラと、見るからにヘルシーで元気になれそうな緑色です。価格はどちらもRp.40,000でした。

と、ストローに#I AM NOT PLASTICと書いてあるのに気づきました。聞けば一見、普通のプラスティックに見えますが、このまま捨てても土に返る植物由来の新素材で出来ているストローなんだそうです。

  

最近のバリ島にあるオーガニック系カフェでは、環境に配慮して、竹のストローをリサイクルするところもありますが、どうしても中に植物の繊維が残るので、個人的には不衛生に感じ苦手でした。開発に伴うゴミ問題が、近年深刻化するバリ島で、こうした自然に優しいストローを使用するのは感心しました。なにより衛生的です。

メニューは朝食8時から午後3時まで頂ける朝食メニューを始め、スムージーボウル、ベーグル、バーガー、サラダ、サンドイッチ類が豊富です。

またパスタ、スープの他、ちょっとしたおつまみのタパスや、がっつり頂ける肉、魚料理が揃います。ベジタリアン、ビーガンやキッズ向けのメニューもあるので、幅広い客層を受け入れます。 


デザートは、レモンチーズケーキ、ティラミス、ジェラート等、揃っています。


同じチャングーにある人気雑貨店「バンガローリビング」で見かけた絵や雑貨が飾ってあるので、スタッフに聞くと、お店のインテリアはすべて同店のものだそうです。景色だけでなくインテリアのかわいさも女性に受けている理由でしょうね。

  

場所は、パンタイブラワ通り(Jl. Pantai Berawa)で、近くには、そのバンガローリビングやミルク&マドゥカフェがあるので、順番に回ってみるのも楽しいでしょう。

注意点としてはチャングーエリアは、タクシーがあまり走っていないのとUber等が立ち入り禁止のため、カーチャーターで車を貸し切ったり、個人でバイクをレンタルして回るのが良いでしょう。

ちなみにクロボカンのヌーク(Nook)は姉妹店です。

※ 別途、税金10%、サービス料5%がかかります。


    

by franny(2018/02)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP