スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ちょっと甘辛系の味付けが日本人にも馴染みやすい人気の「ワルンコレガ」

以前、クロボカンにあった人気の「ワルン コレガ」が、レギャンに移転しました。地図で見るとスマスパから近そうだったので、スパ後に歩いて行ってみました。

通り名はデウィスリI 通り(Jl. Dewi Sri I)で、スマスパからは約5分程。Warung Kolegaと言う大きな看板も出ているので、直ぐに判るでしょう。以前よりも広くなった店内は、高い天井の一軒家でゆったりしています。丁度、お昼時で店内は割合混んでいましたが、テーブル数も多いので、空いた席は直ぐに見つかりました。

  

ワルンコレガのメイン料理は、自身でカウンターへ行って好きなおかずを選ぶナシチャンプルです。ショーケースには、チキンカレーや牛肉の煮込み、魚の唐揚げ等、数々の美味しそうなインドネシア料理が並んでいます。

  

カウンターの左から並ぶと、店員さんが、ご飯の種類を聞くので、白いご飯が良い場合は、「ナシプティ」と言えば、白飯におかずを盛り付けてくれます。その他にターメリックライスの「ナシクニン」また、赤米の「ナシメラ」があり、私は赤米のナシメラを選びました。

その後食べたい料理をショーケース越しに指差すと、お皿に盛ってくれ、合計額が書かれた値札を受け取り、セルフサービスでテーブルへ運びます。おかずは意外に大盛りなので、少なくて良い場合は「スディキット(Sedikit)」と言えば、量を少なめにしてくれます。

  

今回私が頼んだナシチャンプル(写真下)のおかずは、右上から時計回りに、緑色のサユールシンコン(キャッサバの葉のココナッツ煮)、煮卵、たけのこの煮物、タフゴレン、テンペマニスゴレンです。これで、Rp.26,000とリーズナブルですが、肉とか魚介系のおかずを注文するともう少し高く、Rp.50,000くらいになるでしょう。



一緒に注文したエステタワールと言う砂糖抜きの冷たい紅茶は、Rp.6,000でした。値札で価格が一目で判るので、バリ島初心者の方でも明朗会計で安心ですね。精算は帰る時で大丈夫です。
 

ワルンコレガはムスリム系のオーナーで、味付けはちょっと甘辛系なので、日本人にも馴染みやすいでしょう。特に甘辛い煮汁で煮込まれた煮卵は、一押しです。またタケノコのココナッツ煮は、バリで食べたのは初めてでしたが、シャキシャキした食感がとても美味しかったです。ワルンコレガは、サンバルがそれほど辛くないので、唐辛子が苦手な方でも安心でしょう。

移転しても以前の味と全く変わらず、久しぶりにワルンコレガのナシチャンプルが頂けて、大満足なランチとなりました。

ナシチャンプル以外では、ソトアヤム(鶏肉のスープ)とラウォン(牛肉のスープ)も美味しいそうなので、機会があれば試してみてください。エスチャンプルやココナッツジュース等の、飲み物やデザート類も揃っています。

  

お店のオーナー夫妻は、日本人びいきでとてもフレンドリーです。場所がちょっと判りにくいですが、サンセット通り(Jl. Sunset Road)とフォンタナホテルの間の通りを入り、近くにはマクドナルドやクリシュナオレオレのお土産屋があります。

ちなみに帰りはスタッフさんが、近くで停まってたタクシーを呼んでくれたのですが、乗ってみるとメーターが早く回転するターボメーターでした。運転手さんもそんなに悪気はないので、「メーター早いから、普通のメーターにして」って言ったら、笑いながら直してくれましたが、ちょっと注意しましょう。(笑)。
                 

by franny(2018/02)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP