スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

トゥバンにある在住日本人にも人気の香港料理レストラン「ワルン スーン キー」で野菜や肉料理をガツガツ頂きました

バリ島は知る人ぞ知る、美味しい中華の店が多いのですが、トゥバンエリアで未開拓だった、ワルン スーンキー(順記)に、バリ在住の友人が連れて行ってくれました。

折しも春節(旧正月)の夕食時と言う事で、店内は中華系の人々で賑わい、店先には、こんがりと焼かれたチャーシューや北京ダックが吊るされ、まるで中国にトリップしたのかと思う程でワクワクします。

  

店名にはワルンと付いていますが、水槽には、鮮魚、エビ、シャコ、カニ、ロブスター等の高級食材が種類豊富に揃う、本格的な香港スタイルの中華料理レストランなんですね。お腹もペコペコだったので、周囲のチャイニーズ達の活気に負けないように、美味しそうなメニューからバンバン注文し、ガツガツ頂きました(笑)。

  

写真左下は、豚バラ肉のロースト(Rp.68,000)です。焼くと言うより、しっかりと揚げてある感じで、サクサクとしたクリスピーな食感で全く脂っぽくなく、テーブル上にある辛味ソースをつけて食べるとより美味しいです。右上の黒い物体は、きくらげの和え物(Rp.28,000)で、こちらはビールのおつまみにピッタリでした。

  

写真右上は、カイランのにんにく炒め(Rp.60,000)で、シャキシャキの食感がたまりません。日本ではあまり見かけないカイランですが、大好きな野菜なのでバリで見たら必ず注文します。別名はチャイニーズブロッコリーで、ブロッコリーやキャベツの仲間なんだそうです。

写真左下は、アヤム スーンキー(Rp.88,000)と、店名が付いた鶏肉の蒸し料理です。ハーフサイズでこの盛りの良さには、目を疑いましたが、下味が付いた鶏肉はふんわりと柔らかく、クセもないのでいくらでもいけちゃいます(笑)。写真右下は、あさりに似た二枚貝のオイスターソース炒め(Rp.54,000)ですが、唐辛子が効いてピリ辛の味付けでした。

  

続いて写真左下は、麻婆豆腐(Rp.50,000)で、中国山椒がビリビリくる本格辛口仕上げの一品です。そして、友人イチオシが、写真右下のエビワンタンスープ(Rp.35,000)です。大振りでプリップリのエビのすり身がたっぷり入ったワンタンは、確かにマジウマ(笑)。これに麺を入れてワンタン麺にする事も出来るそうなのですが、残念ながらこの日はもう麺が売り切れ。自家製のたまご麺で美味しいそうなので、次回はトライしたいです。

  

この日は3人でビール3本、ジュースも飲んで、トータルでRp.569,415(15%の税金、サービス料込み)と言う安さに驚きました。高級素材のロブスターやシャコ等を頼めばもう少し跳ね上がるでしょうが、お腹いっぱいに食べて、約4,500円くらいなのでとてもリーズナブルでした。

メニューは写真入りで判りやすく、明朗会計でレシートもきちんとくれます。チャイニーズ系インドネシア人のオーナーは、日本人贔屓なので何かしらサービスがあるかも?!

  

それにしても気になったのが、店内に書いてあった「生猛海鮮」と言う表示です。猛々しいナマモノってなんだろうと思いましたが、中国語で新鮮な生の海鮮と言う意味だそうなので、怖い生き物が居る訳ではありませんでした(爆)。

場所は、空港から免税店のT ギャラリア バリへ向かう、バイパス ングラライ通りにあり、向かいに「Hawai Bali」と言う大型土産店があるのが目印です。この裏通りにはワルンラオタやタンジュンピナンもあり、人気中華料理レストランが多いエリアです。

by franny(2018/02)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

マジョリロマンティックディナー

ルビースパ

アマデアリゾート

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP