スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

プールで泳ぐ人がまるで魚のようなウブドのジャングル・フィッシュで絶景ランチを食べました

ウブドに絶景が見渡せる大きなプールが使えるレストランがあると聞いて、地図を頼りに行ってみました。場所はサンギガンよりもさらに北東に進んだ、Jl. Raya Sebali, Kelikiと言う所で、ウブド中心から車で約15分です。



実はこちらのジャングル・フィッシュは、チャプン・スバリ・リゾート(Chapung Sebali Resort & Spa)と言うホテルが経営する施設でした。ホテルのレセプションがジャングル・フィッシュの入り口も兼ねていて、プールを使いたいゲストはここで入場料を払います。価格は大人一名、Rp.100,000、子供は半額でRp.50,000で(2016年現在)更衣室とシャワールームが使え、プールタオルも付いてきます。

 

ちなみにプールに入らずレストランで食事するだけの場合は、 このエントリーフィーはかかりません。ビーチ沿いならビーチクラブとも言えるでしょうが、海は無いのでさしずめプール・クラブとでも言いましょうか?スミニャックのビーチ沿いにあるポテトヘッドの山バージョンと言ったところです。

  

35メートルもあるプールは、谷に向かって溶け込むようなインフィニティエッジで壮大な眺めが広がります。ウブドの高級ホテルでもこのように大きなプールから、緑濃いジャングルが見渡せるロケーションはなかなかお目にかかれません。ちなみにスウェーデン人オーナーに名前の由来を尋ねたところ、プールで泳いでる人達がまるでジャングルの中で泳ぐ魚のように見えるから、ジャングル・フィッシュと付けたんだそうです。ユニークですね。



プールサイドにはサンデッキチェアが数多く置いてあり、プール利用代に含まれています。下の写真のカバナとブランコになったデイベッドは4名まで利用可能で、Rp.600,000以上の飲食をすれば利用出来ます。

  

またバーとカフェもあり、こちらでカクテルや食事をオーダーも出来ます。全体的に楽しいデザインになっていて、オーナーのセンスの良さが感じられ、そのポリシーでしょうか?音楽もクラブのようなうるさい音楽は流してなく、落ち着いた雰囲気なのが良かったです。

  

  

飛び込みたくなる程に気持ちの良さそうな緑の中のプールでしたが、残念ながらこの日は水着を持って来ていなかったので、上のレストランへ移動しました。レストランはプールの上のフロアーに位置し、ここから美しいウブドのジャングルを見ながらランチを頂きました。



メニューの種類はさほど多くはないですが、アジアン系と洋食系のメニューがあり、タイ・チキンカレー(Rp.115,000)、エビのラクサ(Rp.125,000)、鶏胸肉のソテー(Rp.135,000)を頂いてみました。ドリンクはマンゴージュース等をオーダーしましたが、グラスが30cm以上あろうかと言うのっぽさんでした。この三つのメニューの中では、タイ・チキンカレーが1番美味しかったです。味はまぁ普通なのですが、このきれいな景色と空気も一緒に味わえるのが良い点でしょう。

  

  

ウブドで眺めの良い場所で食事をするにも、大きなプールで一日のんびりするにもオススメのスポットです。ちなみにプールは、あまりに人が多い場合は入場制限をする事があるらしいので、オフィシャルサイトから事前予約がすると良いでしょう。

※ 価格には11%の税金、10%のサービス料が加算されます。

by franny(2016/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP