スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2015.03.29

2015年オープン「マヤ・サヌール」客室カテゴリーの選び方

  • ホーム > 
  • News&Topics > 
  • 2015年オープン「マヤ・サヌール」客室カテゴリーの選び方
ウブドの人気リゾート「マヤ・ウブド」が、新たにビーチ沿いに「マヤ・サヌール・リゾート&スパ」をオープンしました。建設場所として、クタやスミニャックを選ぶホテルが多い中、あえて「サヌール」を選んだあたりに、マヤ・リゾートのこだわりを感じます。

田園と渓谷に囲まれるウブドに対して、古くからビーチリゾートとして人気のサヌール。クタやスミニャックのような騒がしいビーチではなく、あえて静かな海を選び、どちらのホテルに滞在しても、静かでのんびりとした宿泊ができるというわけです。今回「マヤ x マヤコンボステイ」という、ウブドとサヌールの両方にステイすると特典が付くキャンペーンがあります。

さて、そのマヤ・サヌールですが、客室カテゴリーが6種類もあるウブドに対してサヌールはわずか4つ。その分「部屋が選びやすい」んです。以下、写真と共に各カテゴリーの特徴を見てみましょう(カテゴリーは室料の安→高の順に並んでいます)。

<デラックス・ガーデン・ビュー・ルーム(52㎡)>
海やプール等の眺めが特にないカテゴリーです。ただし、最も室料が安く、昼間はずっとプールや外に出ている人には十分でしょう。部屋面積が52平米もあるので、広めの部屋を探しているお子さん連れのファミリーに向いていると思います。




<デラックス・ラグーン・ビュー・ルーム(58㎡)>

ビルの2〜4階にあり、部屋からプールを眺めたい人のためのカテゴリーです。デラックス・ガーデン・ビュー・ルームより少し広くなり、エキストラベッドにも対応できるので、このカテゴリーが最も人気のカテゴリーになると思います。マーニ予想。




<デラックス・ラグーン・アクセス・ルーム(58㎡)>

ビルの1階で、部屋からプールにドボンできるカテゴリーです。客室前を人が泳ぐわけで、気になる人は気になるかも。ただ、夜になれば、泳ぐ人もいないだろうから、ベランダのデイベッドに寝転がって、ライトアップされたプールをすぐそばに眺められて、ムードも盛り上がるはず。カップルのためのカテゴリーですね。ちなみにこのカテゴリーのみ、小さな子供さんは水に落っこちる危険があるので宿泊不可です。




<ビーチフロント・プール・スイート(106㎡)>

公式サイトによると、このカテゴリーは「海が見える」とのこと。他カテゴリーに比較し約2倍も広くなり、プライベートプールも付いているので、ハネムーナーさん向きですね。



いかがでしょう、泊まりたい客室カテゴリーは見つかりましたか?ホテルの詳細、料金等は、以下のページからご確認ください。1泊280ドル〜(税サ、朝食込み)。この夏はかなりの人気となるはずなので早めの予約をおすすめします。

「マヤ・サヌール」、「マヤ x マヤコンボステイ」の詳細、ご予約はこちら
by mani

最新ニュース

PAGE TOP