スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2021.01.06

アマデアリゾートのエコフレンドリーなクリスマスツリーとシワラトリの日

  • ホーム > 
  • News&Topics > 
  • アマデアリゾートのエコフレンドリーなクリスマスツリーとシワラトリの日

毎年プールサイドにユニークなクリスマスツリーを飾ることで有名なのが、バリ島スミニャックにあるアマデアリゾートです。

前回のツリーは使用済みのペットボトルでしたが、今回は、ヤシの葉を編んでデザインされたクリスマスツリーでした。

制作リーダーを務めた、メンテナンス部門のドディーさんの話によると、(メンテナンス部門の)スタッフ達が、他部署スタッフの協力を得て、毎日数時間制作にあたったそうです。

椰子の木は、葉が枯れると茶色くなるのですが、その枯れ葉を無駄にすることなくツリーの材料に使うとは、常夏の国、バリ島ならではのユニークな芸術作品(?)です。


ところで今年2021年1月12日は、バリヒンドゥー教で神聖な日とされる「シワラトリの日(シヴァラトリ、Siwaratri)」です。

「シワの夜」 とも呼ばれる、ヒンドゥー教の三大神「シヴァ神」に祈りを捧げる日で、バリ人は沐浴をし、正装して寺院に向い祈ります。 中には、断食や36時間もの長時間眠らずに瞑想をする人もいます。

シワラトリは内省と瞑想のための行事で、バリのヒンズー教徒達は、地上の罪の許しと自身をさらに高めるために、シワ神に心の強さを祈るのです。


コロナで観光業が打撃を受けるバリ島ですが、アマデアリゾートでは、スタッフ皆で団結して、例えば昨年アマデアにオープンした「アスパラガスレストラン」では、週に2回、カユアヤ通り周辺で勤務する警備員のために、無料の食事を配布する活動を行っています。

以下、アマデアのメールマガジンの抜粋です。

「2020年は誰にとっても厳しい年でした。この経験は、自己主張を止め、謙虚になり、周囲の人たちを気遣う本物の人間になることを私たちに教えてくれました。

年が明けた2021年、アマデアリゾートの私たち全員は、良いことがすぐに来ると信じ続けます。世界で旅行ができるようになったら、私たちスタッフはホテルを復活させます。施設のメンテナンスと雇用維持を通じ、落ち込むスタッフ全員を元気にし、スタッフトレーニングの再開をスタートします。

私たちのホテル運営では、経営だけではなく、環境に配慮し、困っている人々をサポートするアマデアケアプログラムもトップリストです。」



椰子の木ツリーも見たかったなあ。神々に祈りながら復活を待つバリ人達に早く会えるよう、私たち日本人も頑張りたいと思います。(出所:アマデアリゾートニュースレターより。https://arvs.pphotels.com/helpful-info/whats-news/newsletter/。編集:チェックインバリ )

▶アマデア リゾートの詳細、ご予約はこちら


最新ニュース

PAGE TOP