スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2020.01.09

アマデアリゾートが行う環境啓蒙活動

日本や海外で、ホテルにチェックインすると清掃された客室や教育の行き届いた従業員達に、感動することしきりですが、ある意味、旅行者から代金を徴収しサービスを提供するというのはビジネスとして当たり前で、ホテルというのは商業活動を行う一団体に過ぎないわけです。しかし、バリ島ではそうしたビジネス側面の他に、社会貢献活動を地道に行っているホテルが多くあります。

バリ島では、ホテルのある周辺の村から一定割合で従業員を雇ったり、地域で行われるセレモニーに寄付をしたり、また非番の日は従業員、幹部スタッフがビーチの清掃活動、孤児院や病院訪問、小学校への教育活動等、多岐にわたる地域活動を行っています。

  

先日、スミニャックにあるアマデアリゾートは、ゼネラルマネージャーを含めたスタッフ達でバリ島東部カランガッサムの小学校を訪問し、レジ袋削減についての啓蒙活動を行いました。ゲームを通じてプラスチック袋が環境に与える影響を小学生達に学んでもらい、アマデアが宿泊ゲストに提供しているリサイクル袋を子供達にプレゼントしたそうです。

日本でも、寄付、協賛、ボランティアなど、地域貢献を行う会社が多いですが、単なるレジャー施設と思われがちなバリ島のホテルやヴィラが、旅行者の見えないところで地道な活動を行っている姿に、深い感動とバリ島のバランスを感じます。

(出所:アマデアリゾートニュースレターより。https://arvs.pphotels.com/helpful-info/whats-news/newsletter/?ID=117#799。編集:チェックインバリ )

アマデア リゾートの詳細、ご予約はこちら



by mani

最新ニュース

PAGE TOP