スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2016.12.18

日本からバリ島までのフライト

バリ島へのメインフラッグであったガルーダ インドネシア航空は、これまで全日空とコードシェア便を運行していましたが、2018年、日本航空とのコードシェア便も加わり、JALのHPからバリ島行きの航空券が購入でき、マイルも貯まります。

◎ガルーダ インドネシア航空航空(GA)
東京、大阪から毎日1便直行便が就航しています。いずれも行きは同日着が可能で、帰りは現地を深夜に発ち、翌朝日本に到着するスケジュールです。

ガルーダを利用するメリットは、予約形態にもよりますが予約後日程を変更しやすい、預け入れ荷物がエコノミーで1人最大46kgまで可能、登録すると他社と共有できるマイレージを貯めることができる等、メリットがあります。

ガルーダの帰国便は深夜発のため、バリ島最終日がまるまる1日使えます。ホテルをチェックアウトしてからフライト時刻までの間、プール付きヴィラ等ホテルデイユースや、スパのロングパッケージを利用する人が多いようです。

2019年3月より、名古屋ージャカルタ便が就航します。


PDFリンク:ガルーダ・インドネシア航空日本発着路線のフライトスケジュール(2018年10月28日から2019年3月30日)

◎エアアジア(XT)
エアアジアはクアラルンプール経由、またはバンコク経由でバリ島に飛んでいます。

LCCの雄、エアアジアのメリットは、なんといってもチケット代が安いことでしょう。一昔前は、予約後の日程変更、キャンセルが一切できませんでしたが、現在は追加料金を払うと変更可能だったり、座席もビジネスクラスに相当するプレミア席がある等、サービスが一般航空会社に近づいてきました。

バリ島最終日プラン

◎シンガポール航空等、その他航空会社

ガルーダ、エアアジアの他、おすすめはシンガポール経由で行くシンガポール航空です。成田、関空だけでなく羽田、福岡、名古屋等複数の都市に就航しており、シンガポールからバリ島へは1日4〜5便が運航しているので、乗り継ぎがスムーズです。

その他経由便として、台湾経由のキャセイ航空、香港ドラゴン航空や、クアラルンプール経由のマレーシア航空、ソウル経由の大韓航空で行くことも可能です。安いパッケージツアーでは、マニラ経由のフィリピン航空もあります。

日本ージャカルターバリ島というルートで、複数の航空会社を組み合わせた場合注意するのが、例えば日本ージャカルタを日本航空で飛ぶと、インドネシアへの入国審査ががバリ島ではなく、ジャカルタで行われることです。飛行機に預けた荷物をどこでピックアップするかにも注意しましょう。

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アメティスヴィラ

アマデアリゾート

テーマ

バリの基本情報
バリ島のエリア別観光案内
インドネシアの出入国とバリの空港
バリ島内の交通
インドネシアの通貨と両替
バリ島のホテル
バリ島のスパ、エステ
バリ島のグルメ、レストラン、ワルン、カフェ
バリ島の観光、お土産

PAGE TOP