スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2014.11.09

ジャカルタでのトランジット:ここにもいた!10ドルポーター

  • ホーム > 
  • 旅のTips > 
  • ジャカルタでのトランジット:ここにもいた!10ドルポーター
2011年10月、フラニーはJALのWebサイトからデンパサール(バリ島)行きのチケットを予約しました。直行便はなくなったけれど、ジャカルタでガルーダインドネシア航空への乗り継ぎのチケットが一緒に購入出来ます。この時のフライトスケジュールはこんな感じでした。

【行き】
成田発 JL725/10:50⇒ジャカルタ着 16:35
ジャカルタ発 GA418/20:00⇒デンパサール着 22:45
【帰り】
デンパサール発 GA412/18:15⇒ジャカルタ着 19:00
ジャカルタ発 JL726/21:55⇒成田着 (翌)07:25

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港は、ターミナルD2に到着します。機内から降りたら、JALの職員が案内を行なっていてまずビザカウンターでインドネシアのビザを購入し、それから入国審査のカウンターに並びます。この時、ビザカウンターではクレジットカード支払いが出来ませんでしたので、予め一人US$35(2014年7月現在)用意しましょう。イミグレが混んでいたので結局1時間並び、ようやくパスポートにスタンプを押されインドネシアに入国しました。

ここからまずJALの機内に預けた荷物をバゲージクレームで受け取り、それからガルーダの国内線に移動します。国内線のフライトによってターミナルは変わりますが、基本的にガルーダのトランスファーデスクを目指して進みます。JAL利用の場合、バゲージクレームにJALの職員さんがいたので乗り継ぎ場所までの行き方をプリントした用紙も渡してくれました。

この時は移動だけで10分くらい歩き、途中でポーターに声を掛けられましたが、基本無視して地図の場所辺りまで進むとおじさんポーターらしき人が「ガルーダ、バリ?」って声をかけて来て、私がうなずくと強引にスーツケースを取ってガルーダのチェックインカウンターまで運んでくれました。ここでEチケットとパスポートを提出し、チェックインは完了。ガルーダの搭乗券はEチケットに貼ってくれました。

すると今度はそのおじさんポーターが私のスーツケースをどこかに運んで行きます。どうやらスーツケースは自動コンベアーで運ばれなくて、自分で別の荷物預け口まで持って行かないといけなかったのですが、これもおじさんポーターが勝手にやってくれました。トータルわずか30メートルくらいの距離だったので、少しチップを渡そうと思って財布にあったRp.5000-を手渡すと「ノーノー!テンダラー」って言うではないですか!

バリ島の空港の「シェンエン」ポーターは有名ですが、ジャカルタにも10ドルポーターが居たのですね!それにしても10ドルは高過ぎると思って「マハール(高い)」ってインドネシア語で言うと、このおじさんは「コイツは騙せねー」と思ったのか、私が渡したRp.5000-も笑いながら返してくれました(笑)。なんともインドネシアの人も憎めない感じです。

チェックインが終わるとチケットに記されたターミナルFまで移動して、出発の時間まではスタバがWi-Fiフリーだったのでネットをして過ごしました。ターミナルFにはこの他にクリスピークリームドーナッツやカフェ、ワルンが数店あるので食事も出来ます。ここからは約1時間半でなつかしのングラライ空港に到着しました。

ここまで移動が少し大変でしたが、トランスファーの時間が3時間程度あったので、イミグレで1時間も並んでも乗り継ぎに遅れる心配がなかったので安心でした。ちなみに日本のジャカルタの時差は2時間、バリは1時間と違うので、現地時間に注意しましょう。

また出国の時はングラライ空港国内線からガルーダに乗って、ジャカルタに到着します。ガルーダのカウンターでチェックインを済ませ、国内線の空港使用料Rp.75,000(2014年8月現在)を支払います。ちなみにJALのサイトからでなく、自身でガルーダのサイトから国内線のチケットを購入した場合は、空港使用料はチケット代に含まれています。

ジャカルタの国内線空港に到着したら再びスーツケースを受け取って、国際線に移動します。国際線への移動がさっぱり判らなかったので、空港職員に「Which go to International?」と聞いたらみんな親切に教えてくれました。到着したフロアーと国際線は階が違っていたので、エレベーターで上に上がりJALの国際線カウンターのターミナルDを目指しチェックインしました。ここだけちょっと移動が複雑ですが、国内線の職員は国際線のJALのカウンターを知らない場合もあるのでとにかく国際線へ移動して、そこからJALのカウンターを探すと良いと思います。

チェックインの時にJALのカウンターで国際線の空港使用税Rp.200,000(2014年4月現在)も支払い、荷物も預けそれからイミグレに向かいパスポートにスタンプを押され、出国審査を済ませます。

スカルノハッタ国際空港は免税店のショップがあり、ブランド物の化粧品やタバコ、お酒などは一通り揃っていますので買い忘れたお土産などはここで買うと良いと思います。

詳しくはJALのWebサイトの「国際線 > 空港・チェックイン > 空港情報 > スカルノハッタ国際空港」にも掲載されていますので、ご参考に。

※トランジットは最終目的地まで同機材で途中、燃料などを補給するため着陸する事を意味し、トランスファーは途中で別の機材に乗り換える事を意味しますが、実際には使われ方がまちまちです。本サイトではトランジットで統一します。

by franny

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

ソハムウェルネスセンター

テーマ

出発前
現地で
帰国後

PAGE TOP