スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2018.01.17

内と外の境が緩いバリのホテルでリラックス

バリ島のホテルに到着して、最初に驚くことは、屋内と屋外の境が緩いことでしょう。

レセプションやレストランは、壁のないオープンスペースにあります。客室も、本来室内に置くはずのテーブルや椅子が、テラスやベランダに置かれ、面積が広いホテルだとデイベッド、食卓テーブルまでテラスやベランダに設置され、ヴィラになると、お風呂はほとんどがオープンエアーです。

  

  

これはバリ独特の文化が影響しています。郊外にある昔ながらの家屋を見ると、どの家庭にもバレ(ガゼボ)と呼ばれる屋外で過ごすことを前提にしたスペースが設置され、そこでお供えものを作ったり、おしゃべりや食事、あるいは昼寝をしたりして過ごします。

寒暖の差が激しく気候の変化の激しい日本の家屋では、全ての機能を屋内に設け、中と外とをしっかり区別しますが、バリ島の場合、部屋は外と繋がることが前提で、それがホテルのデザインにも表れるというわけです。

  

  

バリ島に初めて訪れた頃、この、境がない造りに戸惑いました。テラスのソファでくつろいでいると、その前を普通に他のゲストが通るし、東屋で本を読んでいて、翌朝夜中に降った雨で読みかけの本が濡れていたり・・・。

けれど慣れてくると、この境のない緩さが気持ち良くなってきます。日本では、プライベートはプライベート、パブリックはパブリックと、内を隠し外から絶対のぞかれないようにしますが、バリ島の境のない感覚が、自分を解放してくれるのです。

屋内なのにまるで外にいるような、内も外もつながったバリ島スタイルを、のんびり楽しんでみてください。
by mani

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

テーマ

出発前
現地で
帰国後

PAGE TOP