スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ダブルシックスビーチが目の前、コクーン・レストラン・バー・ビーチ・クラブ

2010年夏にオープンしたコクーン ビーチ クラブは、オープン当初ビーチクラブが珍しかったバリでは、かなり話題を呼びましたが、最近はスミニャックビーチのポテトヘッド等、規模の大きなビーチクラブに人気を取られ、どんな感じになっているのかなと思ってランチタイムに久しぶりに行ってみました。

  

  

場所はダブルシックスビーチを目の前に臨むビーチ沿いで、庭にはプールがあり、店内で飲食した人は誰でも利用可能です。

  

入店してみると、何かのイベント開催中で、かなりの人でごったがえし、プールサイドは、DJの流すださい音楽(失礼)にも関わらず結構、盛り上がっていました(笑)。そのせいかスタッフの対応が遅く、席に着いてもなかなかメニューを持って来てくれなかったり、オーダーするにもかなり時間がかかりましたが、まぁ、ビーチクラブなので盛り上がるのも致し方なく、水着姿ではしゃぎまわるオージーの若者を見学しながらのんびりと待ちました。

  

実はコクーンは、スミニャックのクーデターやお隣のダブルシックス・ラグジュアリー・ホテルと経営母体が同じです。そのため料理には力を入れていて、サラダは食物繊維の多い流行の雑穀、キヌアを使ったり、グルテンフリーやベジタリアンメニューも用意しています(写真右上の飲み物はストロベリースムージー(Rp.55,000)、ベリーソーダ(Rp.50,000)です。)。

  

しかし、この日オーダーした写真左上のスーパーフードサラダ(Rp.90,000)と、写真右上のスパゲティ・プリマベーラ(Rp.155,000)は、高い割にお味は特筆する程でも無く、オープン時に比べるとだいぶ料理のレベルは落ちました(厳しいかな)。

  

  

ちなみに、店内は用途に応じて様々なタイプのテーブルが用意され、雰囲気は白を基調にした明るいムードです。ドレスコードは特にないですが、「有名ビールブランドのマーク入りの服」は禁止です。

サービスとしては、午後4時〜7時まで、ハッピーアワーで2杯のカクテルやビールを注文すると、1杯無料で飲み物がサービスされます(イベント時は除く)。また、オープンから午後5時までは、プールサイド・サン・ラウンジ、デイベッドはRp.500,000、カバナはRp.800,000、プールタオルはRp,50,000以上の注文をすれば利用可能です。いずれも食事をしてお酒を飲めばクリア出来る価格帯になっています。

  

ダブルシックスビーチは、日本人が少ないエリアなので海外ムードを味わいたい時には、こう言うビーチクラブでラフに楽しんでみるのも良いと思います。グループでの利用や、貸し切りのウェディングパーティなども可能です。

※料金は別途、8%のサービス料と10%の税金が加算されます。

by franny (2016/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP