スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ルンブン・サリ・コテージズ (Lumbung Sari Cottages)

設備とサービスの改善に熱心なスモールホテルです。

基本情報

住所 Jl.Monkey Forest, Ubud, Bali
電話番号 62-0361-976396
URL http://www.lumbungsari.com/
部屋数 14

MAP

お見積もりはこちらから

コメントを投稿する

ゲストコメント件数:1件

  • ご利用日:2014.1

    投稿者
    過去投稿頂いたゲストさん
    評価
    東京都 まゆこさん・女性・30歳代・バリ島渡航回数3回●海外旅行回数:5回以上 ●アジア旅行回数:5回以上 ●予約方法:手配旅行・個人旅行 ●ホテルの予約先:ホテル直接またはホテルの日本予約窓口(REP) ●誰と泊ったか:友達同士2人または3人以上で ●滞在スタイル:ホテルの外へアクティブ ●部屋のカテゴリー:Superior Double(4泊)、Deluxe Twin(1泊) ●宿泊日数:5泊 ●利用した航空会社:日本航空(JL) ●座席クラス:Y ●航空券の種類:正規割引運賃(PEX等。マイレージアップグレードを含む)

    ●感想:ロケーションは、Jl.モンキーフォレストにあるカフェ・ワヤンの斜め前!黄色の足ツボマッサージのお店の脇にある小さな看板を頼りに中に入るとレセプションがあります。そこで初めは部屋の料金の交渉をしました。Jl.モンキーフォレストの斜め向かいにクラブがあるのでStandardだと道に近くなり、夜12時までうるさいとのこと。スタッフの薦めで初めの4泊はSuperiorのダブルに泊まることに。2階のその部屋を見せてもらったところ、窓は小さく暗めなのですが、とにかく部屋がキレイ!ピーンと張った真っ白なシーツのベッドに白い天蓋?蚊帳?つき。大理石の床、バス&トイレも大理石(のような石?)作り。若めのチークを使ったインテリアの趣味もよく、ウッディで清潔感のある部屋という印象を受け、すぐに決めてしまいました。ただ、バスマットがなぜかベビー向けのキャラクター柄(笑)で残念。

    ここのホテルは全8部屋しかなく、広さはすべての部屋が28m2と一緒です。部屋の種類は、下のグレードから、Standard、Superior、Deluxeと3種類あります。StandardとSuperiorの違いは、Jl.モンキーフォレストに近いか遠いか、そして冷房機器が扇風機(扇風機)かエアコンか、ということです。そしてSuperiorとDeluxeの違いは、バス&トイレルームにシャワーブースがついているか、いないか、ということになります。私たちは、初めはツインが空いてなかったため、2階一番奥のダブルのSuperiorに泊まりましたが(女性同士でしたが)、ロマンチック気分を盛り上げる?はずの蚊帳(天蓋)がついているので蚊も来ないし、視界がふんわりと白くなり寝るときに落ちつき、ダブルベッドも寝相のかなり悪いひとでなければ十分な広さでした。シャワーブースにこだわらなければSuperiorの値段が手ごろでお勧めだと思います。ただ、Superiorダブルルームのトイレは座高が高く、ペーパーホルダーが手をかなり伸ばしてやっと届く距離になぜか設置されていて少々不便でした。お部屋の壁はかなり薄い!!状況によってはかなり危険かもしれません(笑)。私たちが宿泊したときはとなりに西洋人の熟年カップルが泊まっていましたが、話し声も静かでホッとしました。もうひとつ、欠点はバスルームのお湯の出が悪いこと。しかし、私たちは安いホテルだしこんなものかと思っていたのですが、隣の部屋の日本人女性(英語が堪能)がクレームをつけたところ、すぐに修理して、直ってしまったんです。このホテルはクレーム&注意したもの勝ちなのかもしれません。泣き寝入りはしてはいけません。私も学びました。初めに4泊しか予約をしていなかったために、追加で1泊することにしたとき、5泊目は1階のワンランク上のデラックスツインに部屋を移動させられましたが、前の部屋より暗かったです。ただシングルベッドにも蚊帳(天蓋)がついており、清潔。こちらの部屋のトイレは使いやすく快適。バスルームにはなんと立派な花まで生けられていました。

    ホテルのスタッフはとてもフレンドリーなのですが、言わないとバスタオルの交換をしてくれません(言えばしてくれる)。ただ、日本語を勉強中のスタッフもいますが、なかなか通じないかもしれません。利用客は、たまたま隣のお部屋には先出の日本人女性がいましたが、あとは外国人でした。この日本人女性の方は、バリ在住の日本人の方に、「こぎれいなホテルができたんだ」と紹介されたそうです。また、私たちが泊まった初日は客室利用率は100%。全8室だとはいえ、テロとSARSと戦争の最中だったのにこれはすごいことだと思いました。かなりコストパフォーマンスが高いことはこの数字が証明していると思います。書き忘れましたが、小さいながらもきれいなプールもあります。腰を水にひたしながらのバーもあるのですが、スタッフはいつもいませんしお酒のびんも常におきっぱなし。利用できるかはナゾです。ルンブンサリコテージは、とにかく場所が便利。そしてこぎれい、リーズナブル。アクティブな旅行をしたい、しかしホテルは清潔じゃないといや!という方に絶好のホテルではないでしょうか。私はまた利用したいと思います。

    ●次に行く方へのアドバイス:「朝食は、離れの東屋で取ります。こじんまりとしていますが、プールや庭などを眺めながらのんびりできます。祭壇もあり、朝食中にスタッフが朝のお祈りをしている姿を見ることもできます。また朝食は頼めば自分たちの部屋の前の屋外のテラス(というよりも廊下?)で取ることもできます。種類はインドネシアン(ナジゴレン、ミーゴレン)、コンチネンタル、ブラックライスプリンが選べます。コーヒーまたは紅茶と、ジュースまたはフルーツ盛り合わせがつきます。しかし、作る人によってかなりの味の差が・・・。ブラックライスプリンは甘すぎて朝食向きではありませんし、コンチネンタルの卵料理はスクランブルエッグを頼んだつもりが、まるで「失敗した炒り卵」。これにはショックでした。唯一美味しいと思ったナシゴレンは数日後、再度頼むと、お米がべちゃべちゃしてて美味しくない!美味しいか、美味しくないか、これは一種の賭けです(笑)。あと、あるスタッフが隠しメニューを披露してくれることもありますのでお楽しみに!ちなみに、初日は私たちともう一組のお客さんしかいなかったのに30分以上待たされました!!朝食を取る時間が決まっているときは、電話で前日にでも予約しておくといいでしょうね。余談ですが、近所に4月にオープンしたばかりの日本人女性の経営する「スマイリーカフェ」というカフェがあります。内装はまったくバリっぽくなく、ポップ&キッチュで、イエローベースのにこちゃん(スマイリー)マークが目印のお店です。値段も安くはありませんが、アメリカンクラブサンドを食べたところ、バリにありがちな大きいサンドイッチではなく、食べやすいほどよい大きさで、味もいい。この店はルンブンサリコテージまで出前(デリバリー)もしてくれるとのこと。小腹がすいたときは是非利用してみてはいかがでしょうか?利用価値は大きいと思いますヨ。」(宿泊年月:2003年4月、5泊)

コメントを投稿する

PAGE TOP