スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ザ・パヨガン・ヴィラ・リゾート&スパ (The Payogan Villa Resort & Spa)

遠くに山を眺めるトラディショナルホテルです。

基本情報

住所 Banjar Bunutan, Desa Kedewatan, Ubud, Bali, INDONESIA
電話番号 62-0361-978839
URL http://www.balipayoganresort.com/
部屋数 23

MAP

お見積もりはこちらから

コメントを投稿する

ゲストコメント件数:1件

  • ご利用日:2014.11

    投稿者
    過去投稿頂いたゲストさん
    評価
    東京都 ピーちゃんさん・女性・20歳代・バリ島渡航回数1回●海外旅行回数:5回以上 ●アジア旅行回数:1回 ●予約方法:パック・ツアー ●ホテルの予約先:日本にある旅行代理店 ●誰と泊ったか:その他 ●滞在スタイル:ホテルの中と外両方半々 ●部屋のカテゴリー:プール付きヴィラ ●宿泊日数:2泊 ●利用した航空会社:ガルーダ航空(GA) ●座席クラス:Y ●航空券の種類:飛行機代込みのパック・ツアー

    ●感想:今回は母と2人旅でした。お部屋は広くて天蓋付きのベッドと窓辺にお昼寝ベッド(室内)があります。まあ普通に清潔です。入るとお花のいい匂いがします。確か、CDが聞けたと思います。シャワーブース、バスタブともに外。屋根は付いています。虫などはいませんでしたが、ちょっと不安でした。プールもそこそこ広く、気持ちいいです。崖に突き出るような感じで滝のように水が流れ出ていますので、温泉かけ流しみたくて清潔な気がしました。夜にはライトアップしてました。ウブドの町から離れていますので、自然を感じられます。星空もきれいでした。隣のヴィラにも宿泊者がいたらしく、夜にシャワーの音が聞こえましたが、朝食会場でもあまり人がいなくのんびりするにはうってつけです。メインプールも広いです(誰もいませんでしたが)。

    敷地が広いので軽く散歩できます(結構坂がきついです)。まだ奥の方は工事中のようでしたので、ヴィラが増えるのかも知れません。スタッフは適度にフレンドリーで超片言日本語で接してくれます。英語ができないと少し辛いかも。市街地までの送迎もすぐしてくれます。朝食はいまいちです。最後の夜に、パックについていたディナー(ナシゴレンとミーゴレン・こちらも普通なお味)をお願いしたら、プールの横にあるガゼボにお花などでテーブルセッティングしてありました!無料なのに。そのあたりも改装中で、歩くのが大変でしたが、とてもいい思い出になりました。私が泊った時は日本人は他にいませんでした。悪い印象はほとんどなく、何にもしない贅沢ができる場所ではないでしょうか。

    ●次に行く方へのアドバイス:「周りに何もないので、ホテルに帰る前に飲み物やおやつなどの確保を忘れずに!ここではのんびりする事に徹しましょう。」
    (宿泊年月:2008年3月、2泊)


    東京都 laguankillerさん・男性・30歳代・バリ島渡航回数20回以上●海外旅行回数:30回以上 ●アジア旅行回数:30回以上 ●ホテルへのリピート数:初めて ●予約方法:手配旅行・個人旅行 ●ホテルの予約先:日本にある旅行代理店 ●誰と泊ったか:子供を含めた家族みずいらずで ●滞在スタイル:ホテルの中と外両方半々 ●部屋のカテゴリー:プールヴィラ1階201号室 ●宿泊日数:4泊 ●利用した航空会社:シンガポール航空(SQ) ●座席クラス:Y ●航空券の種類:正規割引運賃(PEX等。マイレージアップグレードを含む)

    ●感想:改装中で宿泊客が余り居らずさびしい感じがしましたが、逆手に取ればほとんど貸切状態でした。人が少ない為細部は多少手の行き届かない(例えば雑草が取りきれていないとか)所はありましたが、スタッフは非常にフレンドリーで景色、静かさは最高。確かにウブド中心部には遠く、多少不便さは感じるものの、ホテル内にいるには人も少なくまさに隠れ家、という感じで大変良かったです。ほんとに静かに緑のウブドを楽しめました。

    ●次に行く方へのアドバイス:「朝食は正直たいしたことありません。食事は基本的に外で摂る様にした方が良いと思います。ウブド市内または周辺観光を楽しむ人にはお勧め出来ませんが、静かに緑に包まれて鳥の声を聴き、俗世を忘れた時間を過ごすには本当にお勧めです。ただ、食事に出る時など多少コミュニケーションが必要になるのでそれが出来なければ少々タフかもしれません」
    (宿泊年月:2007年1月、4泊)


    神奈川県 wai-wai-waiさん・男性・30歳代・バリ島渡航回数3回●海外旅行回数:20回以上 ●アジア旅行回数:20回以上 ●ホテルへのリピート数:初めて ●予約方法:その他 ●ホテルの予約先:ホテル直接またはホテルの日本予約窓口(REP) ●誰と泊ったか:子供を含めた家族みずいらずで ●滞在スタイル:ホテルの外へアクティブ ●部屋のカテゴリー:MULADHARA CHAKRA ●宿泊日数:3泊 ●利用した航空会社:その他 ●座席クラス:Y ●航空券の種類:格安航空券

    ●感想:【部屋】全室ヴィラタイプが28室。その中でも一番安いタイプがMULADHARACHAKRA。部屋の名前はチャクラのタイプに由来するらしい。元々このホテルが瞑想やヨガを主体としたスパリゾートだからなのか(!?)部屋は広くて清潔。ただし好き嫌いはハッキリ分れると思います。バス・シャワーブース・トイレは部屋の外。これを贅沢と感じるかそれとも…。ハッキリ言って夜トイレに行くのは怖いものが…。あと、仕方ないかも知れないが虫さんの死骸や蟻行列は必至。朝、湯船に浸かるにもトイレに入るにも必ず大なり小なり遭遇。これがウブド!と思える方は贅沢なときを過ごせます。またこの部屋からご自慢の敷地、ウォス川沿の景色を全く拝めません。

    【施設】瞑想室やスパの建物屋根が昨年秋の大雨で崩壊してしまいオープンが大幅に遅れてます。(予定では本年1月)プールは入ってないがそれなり。清掃が行き届かず藻らしき緑色がチラホラ(これで入る気が失せた)。プールバーも現在準備中。

    【スタッフ】現在は60名のスタッフが交代で勤務。こちらは英語が全く×なので偉そうなこと言えないが、日本語壊滅、英語完璧スタッフ少数。インドネシア語完璧スタッフ多数…。フレンドリーさはアジア共通言語。基本動作は問題ないが宿泊客不足の為、実践出来ずスキル向上が難しい現状。憎めないけどね、マネージメント頑張れ!!

    【レストラン】1箇所だけあり、朝食と夕食用にルームサービスを。ハッキリ言ってマズイ。料金・盛付けは納得だけど、問題の味はホテルレベルではヤバイ。なお、ルームサービスメニューは設けてないので、レストランメニューから選択。

    【ロケーション】Jl.Kudewatan、クプクプバロンを数十m北へ右折(The Payopganの看板あり)、そこから更に3分間程度北上する(Jl.Cocoa沿い)Kudewatan地区の他ホテル同様、車以外の移動は考えられず。特にJl.Cocoaはホテル敷地を一歩出るとローカル色オンリーで、歩くのも勇気いる。夜間は野犬君が大活躍!!ウブド中心地へのシャトルバンが定時にあり。(私達は希望の時間に出発し、最初に告げた時間にpick upしてもらえた)

    ●次に行く方へのアドバイス:「あまりにも情報がなく、私たちも期待と不安の中チェックインしました。結果は…。ホテルという発想を諦めレンタハウスということで納得させました。それ程にホテルとしての機能は未熟です。GW期間中の宿泊でしたが実際宿泊客は我々4人のみ(!!)2部屋の為だけにホテルが上手く機能する筈もなく現在はソフトオープン中の運営との事でした。11月のグランドオープンに向けて頑張っているとの事。プール付の部屋もありますが、まだ準備中です。但し実際建物は真新しいものではなく、聞いた話では8年前に建設され最近マネージャーが交代したと言うような旨でしたが、真相は判りません。宿泊客は現在の所、ドイツと日本人との事。今回は相場よりもかなり安く宿泊したので内容に不満はありません。ただし、相場料金で次回もここに宿泊するかと言われるとかなり厳しいものがあります。なんせ良質ヴィラが多いウブドですから…。悪くは無いだけにもう一押し欲しいホテルですね。」
    (宿泊年月:2005年4月、3泊)

コメントを投稿する

PAGE TOP