幸せな朝食@カタママ(Katamama)

バリ島、スミニャックエリアにあるカタママ ホテル バリ(katamama Hotel Bali)の朝食です。

初日はエッグベネディクトとアーモンドクロワッサンを注文しました。

IMG_20170430_100807.jpg

写真は2人分の自家製クロワッサンです。中にカスタードクリームがあふれんばかりに入っててボリュームあります。

IMG_20170430_101522.jpg

エッグベネディクトです。パンの上に自家製の分厚いベーコンが2枚敷かれ、トロリとしたオランディーズソースがポーチドエッグにかかっています。このベーコンが美味しくて、朝と言うよりもお酒のアテになりそうな程で、思わず朝シャンしたくなりました(笑)。

奥は友人が頼んだスクランブルエッグとソフトシェルクラブです。こちらも朝から大きなソフトシェルクラブが乗ってて、食べ応え十分です。

カタママホテルのレストラン、モヴィーダバリは元々オーストラリアの人気スペイン料理レストランが出しているので、ボリュームあるのでしょうね。

IMG_20170501_085904.jpg

次の日は軽めに、アサイーボウルとチョコレートクロワッサンをお願いしました。アサイーって冷たいので、歯にしみるのが難点ですね(爆)。

カタママの朝食はメニューから注文するスタイルで、好きなジュースとコーヒーも選べます。一皿の量が多いので、2人だったら別々のお皿を頼んでシェアするくらいがちょうど良いかな。

IMG_20170429_175359(1).jpg

IMG_20170429_175411.jpg

IMG_20170429_175426.jpg

ちなみに熟成肉が眠ってる冷蔵庫です。ハムやサラミもあって、今度はディナーで美味しそうなステーキを頂いてみたいものです。

とうとう、アグン山が噴火してしまいましたね〜。
幸い、死傷者が出てないようで何よりですが、噴煙の影響で残念ながら空港が閉鎖されております。

チェックインバリでご予約頂いた方で、バリへのフライトが飛んでいない方には順次、キャンセル手続きをしておりますのでご安心下さい。
今のところ、どこのホテル、スパも特例としてキャンセル料は無料となっておりますので、ご安心下さい。

カタママ(Katamama)のバスルーム

バリ島、スミニャックエリアにあるカタママバリ(katamama Bali)のバスルームは明るくて広くて、とても気持ちの良い造りです。

R0050608.jpg

R0050606.jpg

ダブルシンクで、ドライヤーやランドリーボックスはアタ製です。床のタイルもバスルームのドアと同じデザインで、かわいくてシンプルな色合いですね。

R0050626.jpg

窓際のバスタブは、日本人には嬉しい深めでゆったりしたサイズ。庭先がプールですが、間口が斜め45度に傾けたようになっているので、上手く外からの視界が遮られるようになっているので、覗かれる心配はありません(笑)。

R0050625.jpg

アメニティはカタママオリジナルでフェイスミストやスクラブがあるのは珍しいですね。これらが入っている藍染めのポーチは、確認したところ無料ではないそうです(^^)。
紺色で揃っている、ルームフレグランスは藤原ヒロシがプロデュースしている、retaWリトゥ)です。

R0050632.jpg

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープのボトルは、ジェンガラの特注品。

R0050612.jpg

歯ブラシやソーイングキットは木製の箱に入って、一つ一つ、中身が刺繍されたポーチに入っています。

R0050799.jpg

中身を出すとこんな感じ(笑)。コームもカタママのネーム入りですね。歯ブラシとマウスウォッシュもあります。

デザインが先攻している感の強いカタママホテルですが、これが滞在すると本当に使いやすくて寛げる部屋なんです。みなさんも、一度泊まってみてはいかがでしょう?

▶カタママバリの詳細レビューはこちら

カタママ(Katamama)のお部屋

先日、ヘアサロンに行った帰り、後頭部の髪がきちんと乾いていなかったお陰で、外に出たら寒くてヒヤ!っとしたと思ったら、一気に夜から喉が痛くなり風邪を引いてしまいました。

そんなこんなで11月頭から寝たきりと言う最悪の出だしでしたが、やっと体調も良くなりました。

季節の変わり目、みなさまもご自愛下さいね。

さて、カタママ(Katamama Bali)の続きで、今回はお部屋です。

IMG_20170429_145713.jpg

ガーデンスイートで予約をしていたのですが、ラッキーな事にプールビュースイートにアップグレードして頂けてました。部屋の造りはほぼ同じなのですが、ガーデンはビルの半地下なので、ちょっと部屋が暗めなんですよね。このソファーコーナ周り、センス良いですよね。ペンダントライトはルイスポールセンらしいです。ミッドセンチュリーなインテリアはブルータスのお部屋特集に出て来そうな雰囲気。(^^)

R0050639.jpg

ベッドはキングサイズのみでツインがないのですが、大きいので女子2人で寝ても余裕でした。テレビ台もかわいい。

R0050600.jpg

タイル張りの引き戸の向こうがバスルームです。

R0050580.jpg

オープンクローゼットには、藍染めのガウンとスリッパが置いてありました。

R0050581.jpg

また、リゾート滞在時に自由に使えるカリマンタンの籐のバスケットと帽子もありました。こう言う小物系はバリとかインドネシアのドメスティックな物が取り入れられているのが、良い感じです。

カタママホテルの予約はこちら

カタママホテルのレビューはこちら

カタママのプール

2017年5月のバリ島旅行。
1人でジンバランのモーベンピックに泊まった後は、女友達と合流して、スミニャックのカタママへ。

このホテルはオープン時に見学して、次回絶対に泊まりたいと思っていたのだけど、普通のカテゴリーにはツインベッドがなく、クイーンだけなんだけど、結果大きいベッドだったので、女子2人でも問題無しでした(^^)。

こちらプールです。

R0050796.jpg

R0050690.jpg

バリの人達ってカメラ向けると、かならず面白いポーズ取ってくれる(笑)。おちゃめさん。

IMG_20170429_180044.jpg

プールは木々が多くて、人が少ないので静かでゆっくり出来ます。と言うのもカタママはポテトヘッドの施設も使えるから、そっちに行く人も多いのかな?

プールタオルはインディゴ染めみたいな濃いブルーで、肉厚で気持ちが良い素材でした。

IMG_20170501_083909.jpg

朝はプールサイドで無料のヨガクラスもありました。
カタママは、ちょっと変わったサービスがいろいろあって次回も泊まりたいホテルです。

詳細はこちらのレビューをご覧下さいね。

10月に入って、すっかり秋めいてと言うか、ここ数日はフリース着てます(笑)。

モーベンピックバリの朝食の続きです。

17-04-28-13-54-09-551_deco.jpg

この朝頂いたのは、コールドカットからハム類とサラダバー。焼きたてのワッフルには自家製のフルーツやカスタードソースをかけて、麺は牛肉のフォーです。

R0050120.jpg

こちらオープンキッチンでフォーを作ってもらったところです。麺類、スープ類は日替わりで、ソトアヤムや味噌汁もありましたよ。

IMG_20170429_085307.jpg

これは翌日食べたバクソです。バリのストリートフードで、夜鳴きそば的な麺ですが、あっさりして肉団子(バクソ)が入ってて美味しいです。

R0050058.jpg

こちらはエッグコーナー。ゆで卵、オムレツ、目玉、スクランブル等、お好みの卵料理が注文出来ます。

R0050143.jpg

R0050150.jpg

オムレツをオーダーしましたが、美味しかったです。

IMG_20170429_082832.jpg

R0050135.jpg

ワッフルやパンケーキに添えるソースやジャムです。バニラソースは本物のバニラが使ってあって、すごく香りが良く、ラズベリーやストロベリーのソースも自家製なので、甘過ぎなくて美味です。チョコやドライフルーツ、ナッツもあって、より取りみどり。

R0050072.jpg

この男の子はワッフルのソースを何度も楽しそうにおかわりしていました。でもその気持ち判る(笑)。

R0050132.jpg

ミツバチのハチノスの板ごと頂ける、はちみつもありました。ハニーコムとか呼ばれていますね。

ちなみにウチの母の能美島の実家では、庭先で叔父が養蜂をやっていたので、今思えば、超美味しいレンゲやみかんのはちみつを子供の頃から食べていたので、この板のはちみつってそんなに珍しくはなかったんですが、大人になって贅沢だったと思います(^^;;

R0050527.jpg

生ハムやカジキのスモーク、チーズもたっぷり。少なくなると目の前でスタッフがカットしてくれるので、カピカピになったりしてないです。

R0050511.jpg

R0050534.jpg

これはインドネシア料理のおかずをゴハンに盛り合わせた、ナシチャンプル。チキンの煮込みにサンバルテロール(卵)。

R0050080.jpg

そして、自家製のサンバルも数種類あり、サンバルマタが美味しかったです。

R0050517.jpg

マスタードだけでもこんなに種類が揃っていて、リーペリンソースまで揃っています。

モーベンピックはスイスの製菓メーカーが出したホテルだけあって、料理にこだわってるホテルだと思いました。デニッシュやクロワッサンの美味しさは、使っている素材が良いんだと思うんですが、バター等は輸入品なのではないかなと思います。

モーベンピックのホテルレビューはこちら
アナラサレストランのレビューはこちら

今年の5月バリで初めに泊まったホテルがモーベンピックでした。

このホテルはプールが大きいとか、客室も広いとか良い所がいろいろあったのですが、1番思い出に残っているのが、朝食です。

IMG_20170429_084932_1.jpg

ビュッフェスタイルの朝食ですが、スタッフが今日のオススメのスムージー等を回ってサービスしてくれています。

IMG_20170428_081539.jpg

アイスカフェオレは、その場でマシーンで作ったのを持って来てくれ、ジュースは様々なフルーツや野菜が並ぶジュースバーで、お好みのフルーツを選んで、新鮮なものを作ってくれます。

R0050105.jpg

私はパパイヤとパイナップルを選んでジュースにしてもらいました。どちらも消化酵素がたっぷり含まれるので、お腹いっぱい食べても安心かなと(笑)。

IMG_20170429_081012.jpg

シルサック、スネークフルーツ、グァバ等の珍しいジュースに、バリらしいジャムー(健康漢方のようなの)等も置いてあって、初めてバリに旅行された方も楽しめると思います。

後はパンの種類の多さですね。ちょっとした街のパン屋さんくらいに、種類が豊富で焼きたてのパンがキッチンから届けられます。

IMG_20170429_080754.jpg

クロワッサンがサクサクで美味しいんです!

R0050129.jpg

ペストリー類も日本のベーカリーと変わらないクオリティで、パン好きの方にはたまらないと思います。

R0050076.jpg

ライ麦や穀物の入ったハード系のパンから、フランスパンにドーナツまで、全部はとても食べきれません。

全て紹介するのは大変なので、また続きを。。。

モーベンピックのホテルレビューはこちら
アナラサレストランのレビューはこちら

アグン山の様子が気になりますね

暫く間が空いてしまいました。
バリ島はアグン山の噴火騒ぎで、日本の報道を見てると島全体が非常事態のようですが、70キロも離れている南部エリアは至って普通の日々が続いているそうです。
もちろん噴火してしまうと空港閉鎖の恐れもあるのですが、この連休は相変わらず、人気スパはフルブックが続き、観光を楽しまれてる方も多くいらっしゃるようです。

火山の様子はこちらのページで情報更新していますので、ご参考に。

残念だったレストラン

先日、なんだかなぁって、感じだったホテルを書いてしまいましたが、ついでにこちらも、残念!って感じだったレストランです。

IMG_20170505_203637.jpg

2015年に行った時は、安くて美味しかったので2017年5月に再訪しました。このイタリアン居酒屋さん、その後も人気すぎてチャングーにも支店を出してるんですが、これがイマイチになった原因かな。

前に居たオーナー夫妻が、おそらくその支店へ行っちゃってるんだと思うんだけど、新しい店長みたいな人のサービスがイマイチだったし、メニューも前より減ってて値段も高くなってました。

IMG_20170505_205652.jpg

スパークリングワインのドライはどれかを聞いても、どのスタッフも要領を得ないし、ちゃんと説明出来る人が居ないんですよね。ブッラータチーズはまぁまぁだったけど、まぐろのタタキと牛ステーキはイマイチだったなぁ。

まぁ、その辺りは我慢も出来たんだけど、1番最悪だったのが、お手洗いです。なんと便座が無い!田舎のワルンならば仕方ないし諦めるけど、ちゃんとサービス料を取るレストランで、これってどうなのよ。

お陰さまで足腰がまだしっかりしてるから、なんとか用を足したけれど(笑)、中腰スクワット出来ない非力女子はどうやっておトイレしたのしら?(^^;;

ホント、そんな状態でお店をやるなんてサービス業のやる事じゃないよ。とっとと業者呼んで、直しなさい!って感じ。

R0051671.jpg

なかなかかわいいロシアンギャル達が4人で女子会やってたけど、ねぇ、みんなお手洗い大丈夫だった?みたいな(笑)。

もう直ってたらいいんだけど、次は無いかな、このクロボカンの方は。機会があったらチャングーに行ってみます。

9月、10月はお陰さまで、多くのホテルやスパのご予約を頂いております。ホテルは満室の所も多く、スパも9月中の連休前後は、ほとんど埋まった状態で、バリ島人気高まってますね。

そうすると混み合うのが、最終日の過ごし方です。

深夜のフライトまで、観光でフルに動き回るのも良し、スパで癒されるのも良いですね。

でも高級ヴィラでゆったりプライベートに寛ぎたいって方も多いですね。

最近人気急上昇なのが、マカヴィラさんのデイユースパッケージです。

icon_pushpin03_43-2.pngマカ ヴィラズ & スパ スミニャック デイユースパッケージ

プライベートプール付きのヴィラに滞在し、ソハムでのスパ、食事、送迎等も付いています。ご予約はお早めにね〜♪

R0054203_1.jpgR0054202.jpg

なかなか香ばしかったホテル

個人的にあんまりブログで悪口は書かない方なんですが、ちょっと去年の写真でこんなのが出て来たので、載せちゃいます(笑)。

去年、スミニャックで100ドル超えの、まぁまぁ良いクラスの新しいホテルに泊まったんですよね。そしたら、マーニの部屋には机があるのに、同じカテゴリーの私の部屋には机が無かったんですよ。 

R0018293.jpg

パソコン使う必要があったので、机が無いと困るから、フロントに行って、机がある部屋に変えて欲しい旨を伝えると、部屋に机を入れるので、どうでしょう?と言われました。

じゃ、それでいいから、入れておいてねと伝え、プールに行って2時間くらいサンセットを見ながらちょっと泳いで部屋に戻ると、まだ机が入ってない。もう一度、フロントに電話して「机が入ってないんだけど」って言うと「机は大き過ぎて入らなかった」って言うではないですか。。。

なら、その事をどうしてメモするなり連絡して来ないのか、まずここでムカって来た(笑)。結局、マーニも交え、同じカテゴリーで予約しているのに机が無いってどう言う事?って交渉すると、別の部屋に案内してくれたんだけど、そこは所謂死に部屋で、暗くて狭くて天井が低くて、窓も小さい圧迫感のある部屋だったから、閉所恐怖症の私には無理。違う部屋は?って聞くと、ワンランク上のジャグジー付きの部屋を見せてくれたんだけど、ここは+幾らで有料だと言う。。。

このスタッフだと埒があかないから、別のマネージャーを読んでもらって説明すると、やっと机付きのジャグジー付きの部屋にそのままの料金で泊まれる事に。言っておくけど、別に私は屋外にあるジャグジーなんて入らないし、ただ机を入れてもらえば良かったんだけどね。

そして事態はこのまま納まらない(爆)。その部屋に移動するとバスタオルが無かったので、移動した時にスタッフに言うと、後で用意しておくと言われた。で、ディナーに出掛けて、戻ってみるとまだタオルが来ていないので、またまたフロントに電話してバスタオルがまだ来てないと言うと、用意されたのがコレです。

39-45.jpg

これって、これってプールで使うゴワゴワのタオルだよね。

38-51.jpg

39-32.jpg

おまけに謎のシミが付いてるし、かなりボロボロ(汗)。そんなに神経質でもないし、大雑把なわたしだけど、流石にこれはドン引いたわ〜(笑)。

もっと安いホテルで、これより古い煮しめ色した(笑)タオルも使った事あるけど、流石にこのクラスのオープンしたばかりのホテルでこれはないんじゃないか〜。

なんつーか、割に大きなホテルチェーンだし、安心してたんだけど、マネージメントはバリだしね。もう諦めました、ここのホテルに何か言っても無駄だなと。チェックアウトしたかったけど、もう支払い済ましてたし、キャンセル料もかかるしね。検索では拾えないように、敢えてホテル名は伏せますが、写真のクレジットで推し量り下さい(笑)。

ちなみにこのホテルのルーフトップにあるレストランは、景色が良くて、スタッフの感じもサービスもとっても良かったんですよね。なので、もったいないなぁって感じでした。バリ島もホテルが沢山出来るけど、なかにはこんなホテルもあるんだなぁと。

以上、ひさびさに驚いたホテルの話でした。